屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 13日09時から中華饅頭を作る。

<<   作成日時 : 2014/04/13 20:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0


今日19日は料理の日、 大雨

自家製チャーシューを持っているので、
その利用法を考えた。

2012−11−20マレーシアのペロン島
ジョウジ・タウンの中華まん1個60円。
画像

これはジュウシーで美味しかった。
大きな中華まんが忘れられない。
画像

このイメージの中華まんを作りたい。
09時から中華饅頭を作る。

朝から大雨である。
横の小川から轟音が響き、
満水状態で流れている。
14時まで大雨であった。
15時から明るくなり雨が上がった。

参考にした、
ジューシー豚マン
http://cookpad.com/recipe/1741824

http://nanapi.jp/113144/

まずは生地つくり。
薄力粉500g、強力粉300gを
ベーキングパウダーとイースト菌、砂糖、
牛乳を入れて練る。
練るのはお手の物である。
1kgの生地が出来た。
画像

レンジで1時間醗酵させる。
画像

醗酵の間に自家製チャーシュウ350gを切り、
玉ねぎ、湯で白菜椎茸を切って味付けして炒める。
画像



次に野菜スープを作るため、
ざく切りの野菜を1時間煮る。
野菜はキャベツと白菜の一番外側の
破棄するものを使用した。
画像

1時間後、野菜は取り出して廃棄する。
野菜スープの元が出来た。
画像


今日の夕食用にこの野菜スープで
オニオンスープを作る。
油無しで新玉ねぎを炒める。
あまり茶色にせず、新玉ねぎを味あう。
画像


オニオンスープ完成した。
夕食時頂いた。
画像



11時中華マンの生地を作る。
1kgの生地を20等分に切る。
画像

薄く延ばして具を入れる。
画像

10分蒸す。
画像

失敗した。
画像


上の生地が薄く吹かしパンになってなくて、
下のまとめた所が分厚くなっている。
具の味はよいがもっと野菜を入れたほうがよい。
画像

丸く薄く生地を作るとき、中心は厚く、
外側を薄くする。
蒸しあがったら丁度よい。
画像


21個蒸して、昼食に3個*2=6個食べた。
夕食用に3個残して12個は冷凍保管する。
画像

初めて作ったので失敗が多い。
大きさが不統一
市販のように柔らかくない。

次回はこの失敗をもとに
美味しい中華マンを作りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

13日09時から中華饅頭を作る。 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる