屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 報道機関考察と豚肉の料理  7日

<<   作成日時 : 2015/03/07 20:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

報道機関考察と豚肉の料理  7日

今日は雨。
豚肉の料理を長時間にわたり行っている。
前段取り工程は終わり、今日は完成工程である。

ベーコン24kg製作は60℃燻製9時間。
画像

炊飯器でできる料理。
ロースハム4kg製作は60℃燻製4時間と70℃保温2時間。
試作として1kg1本のみ行った。
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/1784/ro-suhamu/ro-suhamu.html
18時完成。燻製の匂いがきつすぎる。少し塩辛い。さらにしっと感がない。
次は保温を1時間にしてみる。

豚バラチャーシュー2kg製作は表面焼き、70℃保温6時間。
http://nanapi.jp/94643
画像


長時間なので地下室で思考した。

画像


このチャーシュウーが今日の酒の肴。
画像

これは美味しかった。

思考
 日本経済新聞は「日経ものづくり」の
キャンペインをはっている。
日本にとって ものづくりは重要なことである。
資源もなく、国土の小さな日本に
12000万人が生活している。
日本が活きていくには物作りをして
外貨を稼いで資源を輸入することは
生活に欠かせない働きである。
物作りは雇用を生み、富を分配する。
金融操作は雇用を生まなく富の偏在を生じる。

労働人口が減少しているからといって、
安易に海外から労働移住者を入れるべきでない。
人種と宗教、文化、言語が違う移民との軋轢を生む。
人種と宗教、文化、言語が違うから
国が分かれているのである。
 特に宗教が同じ国に行くと危険を感じなく
ほっとする。仏教国は控えめで喧騒がなく
穏やかである。
それに比べて中国と韓国は喧騒と
路上での喧嘩がなえない。
報道機関は民衆の文化を
掘り下げて報道してほしい。


 最近金銭ではなく、感情だけで人を殺す
犯罪が多い。道徳の欠如か精神異常である。
道徳の欠如か精神異常は再犯を起こす。
殺人が起こったからといって、
それを興味本位に報道するのは
愚の骨頂である。
そこには、本題を解決しようとする
態度が見られない。
単なにお笑い芸人を集めて漫才を行っている。
TVは安上がりなお笑い芸人で
何かお茶を濁している。
本来の報道の役目を忘れている。

  NHKは歴史認識の違う韓国歴史ドラマ
を放映している。
日本人に韓国の間違った歴史文化
を植えつけている。
映画カレンダーで海外映画は名作を放映するが
日本映画となるとやくざかチャンバラ映画である
NHKも節操がない。

それに比べて日経の報道は信念がある。
報道機関は日本の問題をどうしたら解決できるか
見解のキャンペインを張るべきである。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
「日経ものづくり」
http://techon.nikkeibp.co.jp/Monozukuri/anniversary/?rt=nocnt

「日経ものづくり」は、2014年4月に創刊10周年を迎え、現在はさらなる歴史を積み重ねるべく、走り続けております。創刊10周年以降、さらなるパワーアップを目指し、日経ものづくりは、以下の3本柱で情報提供に努めております。第1に、製造業のグローバル展開に関する情報強化です。生産拠点や開発拠点のグローバル化に関する各社の対応を深掘りするとともに、グローバル時代の人づくりのあるべき姿などについても随時お届けします。第2に、設計・開発と生産の技術革新についての情報提供です。特に技術面での変化が激しい領域を中心に追いかけます。第3に、新分野・成長分野の情報提供の強化です。製造業にとって、事業の新たな出口である新分野や成長分野の情報を充実させます。医療・ヘルスケア、エネルギー産業、鉄道・インフラなどの成長領域に製造業が打って出るために求められる情報を強化します。
。。。。。。。。。。。。。。。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

報道機関考察と豚肉の料理  7日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる