屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本震災と竹の子掘り  15日

<<   作成日時 : 2016/04/15 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

熊本震災と竹の子掘り  15日

今日も晴天。

昨日14日21時26分前に熊本の地震予報が出され、
すぐに熊本震度7の発生速報がTVで報道された。
地震予報が出されたことに
すばらしい科学発展だと思った。
地震の被害は時間経過で段々大きくなる。
この報道態勢も1995年の神戸淡路大震災から比べれば
大変な速さと危機意識で報道された。
震度の大きさに比べて被害は小さいと感じた。
震災後は日本の技術とまじめさで速やかに
復興するであろう。
熊本は私と家内が青春時代を過ごした町で
今でも先生、友人知人が住んでいる町であるから
関心が高くなる。
  崩壊した家を見ると古い瓦屋根の家が
つぶれているようである。
これからの連休を控えて、観光に影響が出そうで
熊本経済を心配している。
熊本の工場の精密機械類も心配であるが、
これは日本の技術屋がどうにかするでしょう。
インフラ復旧に金がかかりますが、
東北震災のお金が膨大に余っていますので
これを引っ張ってくれば出来るでしょう。
 それにしても日本列島はここ数年地震と
火山噴火が頻発していますので
南海地震が来そうです。
これの対策計画が出来ているのかどうか
怪しいもんです。
自然災害ですから止めることは出来ませんから、
救援体制が問題で特に交通の確保が重要だと思った。
こうなるとオスプレーのような機種と人員配備、
救援物資の分散保管と搬送手段確保が
必要と思った。

  昨日竹林の所有者にテルして竹の子掘りの
許可を頂いたので、08時から家内を連れて
竹の子掘りに行った。
家内は竹の子掘りは始めてである。
竹林を造成した所にたけのこが出ている。
鬱蒼とした竹林の中には竹の子は少ない。

造成地は探すことも無く竹の子が出ているので掘る。
掘るというよりスコップを入れてこねると採れる。

15本ぐらい掘って軽トラに積む。
画像


これから皮を剥く。
画像


燻製窯に大なべを入れ、胡椒と糠を入れて
灰汁抜きのため煮る。
画像


1時間煮る。3杯煮た。
このピザと燻製窯は蓋をあければ鍋が
入るようにしてある。この場合上段で薪を焚く。
画像


大半は知人に配達した。

和歌山で村おこしをしている農産物直売所 新鮮村から
床下竹炭を送料無料を確認して3坪分の45kg注文した。
画像

http://www.den-en-net.com/takesumi/

すぐに竹の子ご飯と煮付けを作る。
鶏肉の皮を剥いで、鳥皮酢を作る。
これが今日の肴である。
画像


追記16日10時
熊本の震災は余震を誘発して
被害がますます広がっている。
地震が大分の方に広がっている。
次は原子力発電所のある四国佐田岬にいくかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

熊本震災と竹の子掘り  15日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる