屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 網膜剥離の手術計画  8日

<<   作成日時 : 2016/04/08 21:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

網膜剥離の手術計画  8日

06時起床、朝から雨24℃。
昨夜は嵐であったが風は収まった。
もう木の芽流しの時期である。
そのまま梅雨に入るであろう。
例年4月10日が竹の子の収穫時期である。

昨日から氷解していた牛ヒレ400gを
一口代に切って焼く、
それを柔らかくするため保温器で
8時間にセットする。

バジルとキャッミントの苗を畑に植える。

博多の眼科での左目網膜剥離診断で
鹿児島の今給黎総合病院に予約を入れる。
左目の視力が落ちている。
11日10時の診察でいつ手術をするか決まる。
とりあえず入院の準備をしていくことにする。
高速船の時間を確認、屋久島07時発、
鹿児島09:35着である。
いつも何かの病気が起こる。
いつも切り抜けて生きている。
医療に感謝である。

高平TV組合の預金の記帳に鹿児島銀行に行き、
その足で農協に電気代28年度1年分6890円を払い込む。
これで27年度と28年度の支出が分かる。
このデーターで高平TV組合の27年度の決算と
28年度の予算を作成した。

エピソンのPCの修理金額の連絡が来て、
3、0000円となる。9日に届く予定である。

16時、保温器で煮込んで柔らかくなった牛ヒレ400gを
カレー600g425円に入れて、さらに煮込む。これが夕食である。
元のカレーは「肉屋が作ったビーフカレー」1700円/2.5kgを
購入したものである。少し塩辛いので玉ねぎを追加した。
画像

酒の肴は鯵を酢漬けにする。

確実に地下室の冷凍庫の食材が減っていく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

網膜剥離の手術計画  8日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる