屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島にあられが降る。  10日

<<   作成日時 : 2017/02/10 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

屋久島にあられが降る。  10日

朝から小雨のような小ぬか雨が降る。
山は雪で登りバスは運休。
海がしけて3日間フェリーが止まっているので、
スーパーの生鮮品棚には何もない、パンもない。
我が家の冷蔵庫はまだまだ一杯で
1週間は問題ない。
明日も船は運休デアル。
朝は昨夜作った稲荷寿司。
地下室はコンクリートで寒いので
始めてストーブを入れる。

まず畑から二十日大根を採って浅漬けにする。

朝から体操と筋トレを兼ねて薪割りを行う。
40個の丸太を割ると、240回は斧を振る。
私の体操である。
昼はちゃんぽんを作る。

薪割りをしていると13時20分
あられが降り出した。
10分足らずで、やんでしまった。
薪割りで汗をかいているので寒くはない。
薪割りも精神を込めて振り込まないと
目指すところに斧が入らない。
大きな丸太も端から割っていくと
16回ぐらいで薪になる。
薪割りが目的ではなく、
陶器を焼くための手段であることを
忘れてしまう作業である。

16時から五目御飯ととんかの準備をする。
先に五目御飯の具を作っておく。
4合のコメを仕込む。
16時から料理開始。
まず炊飯器ON.
まずごぼう天とピーマンを揚げて、
とんかつ を揚げる。

これでビールと焼酎を頂く。
五目御飯と二十日大根付けが夕食である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

屋久島にあられが降る。  10日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる