屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 排他的経済水域の空想的利用  10日

<<   作成日時 : 2017/08/10 20:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

排他的経済水域の空想的利用  10日


2階のベランダとパーゴラを猫のクロが
出入りできるように穴を開けた。
画像

暑いので、いつもこのようにして
寝ている。床が冷たいからである。
画像


27年度農林水産基本データ集
http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/

国内総生産 530.55兆円
内農業      4.67兆円  0.88%
林業       0.21兆円   0.04%
水産業      0.74兆円  0.14%
屋久島町首長と議員、役場は国内総生産1%の
一次産業を振興しようとしている。
何とか先生をあがめて、
「屋久島の地杉を活かした庁舎づくりと,
地杉の特徴を活かしたブランド戦略」
で林業を振興しようとしている。
何か振興事業選定が間違っていませんか。

日本は排他的経済水域200海里の面積と
体積において世界でも上位の国である。
画像


200海里面積と体積
画像

画像


日本は島国ですべてが200海里水域に囲まれている。
画像

領海内の漁業資源が枯渇して40%を輸入している。
店頭に並んでいる魚が小さい。
10年ぐらい日本近海で魚を取ることを
規制することである。
当分の間魚介類は海外から輸入して、
国内産を大きく育てることである。
さらに200海里にバリアを張ってその中に
魚を呼び込み、魚を育てることである。
魚の囲い込み海域を形成する。
200海里バリアと魚の呼び込み装置
開発が急務である。

軍備を増強することなく、海と空をバリアすれば、
漁船と潜水艦、戦艦、航空機、ミサイル、ICBMに対して
防衛にもなる。
台湾と東南アジアとのバリア協定をすれば、
中国を封じ込めることができる。

プラズマシールドの特許が取得される
https://nge.jp/2015/04/28/post-103337/2
画像

画像


クジラは反捕鯨のアメリカ、オーストラリア、
ニュージーランド、カナダに誘導してそこで
放海飼育すれば、その国は漁業資源を捕食されて、
反捕鯨とは言わなくなるであろう。

大きくなったら日本に誘導して捕獲することである。
クジラ誘導装置の開発が急がれる。
こうなると理科系技術者の育成と確保が
必要であるが、一般に理科系技術者の給与が低い。
理科系大学の無償化をすべきである。
日本は投資先がなくて金がだぶついているので
これからの日本を考え新奇開発を行った方がよい。

子供と技術は国の宝である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

排他的経済水域の空想的利用  10日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる