屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 糞尿を運ぶ屋久島世界遺産 16日

<<   作成日時 : 2018/05/16 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

糞尿を運ぶ屋久島世界遺産 16日

屋久島自然遺産は異様である。

トイレ設備の糞尿を人力で下に運び出している。

私が見た世界の国立公園と自然遺産では
ありえないことを行っている。

問題は山の中に合併浄化槽を持ったトイレが
無いことである。
山を扱うと自然保護団体が騒ぐことが
自然環境維持を妨げている。
電気を入れた合併浄化槽を持ったトイレまたは
ロッジを作り、登山道とロッジ以外と
完全に遮断する方が自然を維持できる。
自然遺産イエローストーンーでは車道とロッジ
以外は山火事が起こっても放置して手を付けない。
山火事も自然現象との捉え方である。
どこの国の国立公園、世界遺産の中には
ホテル、ロッジがあって人と自然の折り合いを
つけている。ロッジ宿泊料は1〜3万円ぐらいである。
入園料も3〜5000円である。

スイスのツェルマットはアルプスで最も名高い観光地で
マッターホルンがすぐそばに見える。
日本人観光客が多い。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
https://www.zermatt.ch/jp/zermatt-matterhorn
ツェルマット〜サンモリッツを 平均時速35kmでゆっくりと結ぶ。アルプスの美しい自然を堪能。 スイスを代表する観光路線。ロートホルン(3,103メートル)やゴルナーグラート(3,089メートル)、そしてヨーロッパで一番高い所に架けられたロープウェイ駅があるマッターホルン・グレッシャー・パラダイス(3,883メートル)です。どこの展望台からもマッターホルンを鑑賞でき、それぞれ異なる表情を見せてくれます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ロープウエイ運賃15000円。
ここには糞尿を運ぶ人はいない。

糞尿を運ぶ屋久島世界遺産の話を
スイス人にしたら驚くであろう。

ただで何かしようとはあさましい。
まずは山の中に電気を通して合併浄化槽を
作ることである。浄化排水はパイプで
安房、宮之浦川に流すことである。
行政の怠慢である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

糞尿を運ぶ屋久島世界遺産 16日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる