ボランティアは職業を奪う。


ボランティアは職業を奪う。

語源 [編集] volunteerの語の原義は志願兵であり
(反語がdraft―徴集兵)、歴史的には騎士団や
十字軍などの宗教的意味を持つ団体にまで
遡ることができる。
語源はラテン語のVolo志願者である
古典的な定義では自発(自主)性、無償
(無給)性、利他(社会、公共、公益)性に基づく
活動とされるが、
今日ではこれらに先駆(先見、創造、開拓)性を
加えた4つをボランティア活動の柱とする場合が
一般的となっている[1]。

ボランティアの労働の種類では
元々それを職業としている人が
居ることを忘れてはならない。
ボランティアは元々の人の職業を奪うことにも
なりかねない。
ボランティアする個人は、
自己生活の完結できる体制とお金が必要である。
現地での宿泊、食事、生活費を要求してはならない。
そういう意味からして、海外青年協力隊は
ボランティアでなく、
すべての費用が国によって賄われている。
ボランティアを集めることを職業としている人と
ボランティアとして生活する人も居る。

ある労働に対しては対価を払わねばならない、
それを金がない、金が惜しいため
ボランティアを使う団体と社会風潮が存在する。
特にNPO法人が職業をボランティア感覚の給与である。
看護師は平均年収460万円の職業である。
看護師は5年生の専門学校、大学を出て
国家試験を必要とする職業である。
ボランティアは職業の低賃銀を誘発しかねない。

ボランティアを善意で行っていると思ってる人も居るが、
ボランティアは人の職業を奪うことにもなりかねない。


ボランティアとはなんぞや?
を考えてほしい。


本来首長も議員もボランティア的仕事であるが、
それを職業としている人が居る。
選挙の時、あたかも、皆さんのためと言っているが。
真っ赤な嘘、
お金がほしいのである。

お金がほしいから、首長、議員に立候補しました
とは言わない。


それを多選首長と議員は真っ赤な嘘を言い続けて、
お金を貰っている。