「エコツーリズム推進全体構想」の展開


屋久島地区エコツーリズム推進協議会 御中

「エコツーリズム推進全体構想」の展開

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年11月19日
屋久島地区エコツーリズム推進協議会総会がかいされ、
「エコツーリズム推進全体構想」素案が承認されました。
屋久島地区エコツーリズム推進協議会については
ご意見・ご要望・お問い合わせ先
屋久町環境政策課 TEL 0997-47-2111 /
FAX 0997-42-2117
E-MAIL:yakushima-eco@yakushima-eco.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
未だ6ヶ月経っても、議会での議案審議がなされていない。

今,東北震災で社会状況が変わった。
何処も観光地は閑古鳥である。
議会に議案提案されれば、何でも賛成議会であれば、
かならず賛成多数で可決されるであろう。

「エコツーリズム推進全体構想」を作成し指針を出したのは
屋久島地区エコツーリズム推進協議会であるから、
観光産業に対する影響について、委員の方の責任は重い。

委員の方は再度屋久島地区エコツーリズム
推進協議会総会を開いて、
エコツーリズム推進全体構想を今後どうするのか、
観光産業に対する影響を考慮して、
入山規制については何らかの
声明を出すべきではなかろうか。

以上屋久島地区エコツーリズム推進協議会に
意見提案した。

私の意見
入山規制は削除して、国の権利と責任により
1 トイレの設置。
2 縄文杉の舞台を3倍ぐらいに拡張。
3 登山道の拡張か行きと帰りの道路調整。
を要求したほうが民意適合すると思われる。