日米2プラス2:「岩国の着艦訓練ない」



熊毛地区の1市3町の首長と議長でつくる
[米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会]は
馬毛島訓練 国の面会要請受諾

http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=33277

日米2プラス2:「岩国の着艦訓練ない」
 
市長、知事が見解 /山口
 二井関成知事と岩国市の福田良彦市長は22日、日米安全保障協議会委員会(2プラス2)の共同文書で、艦載機移転に伴う陸上空母離着陸訓練(FCLP)施設の候補地を馬毛島(鹿児島県西之表市)とした点について、一定の評価をした。ただ厚木基地(神奈川県)から岩国基地への空母艦載機移転時期に変更はなく、普天間問題解決の前に、岩国への艦載機などの先行移転を迫られる可能性が出ている。
 福田市長は22日、馬毛島案の合意文書への明記については「一定の評価をする」と述べた。二井知事も「岩国基地で着艦訓練が行われる可能性を心配してきたが、今回、『岩国では基本的にはない』という形になった」との解釈を示した。



在日米軍再編:米軍機の訓練、鹿児島・馬毛島移転 
松本防衛政務官、地元に打診
 

松本大輔防衛政務官は1日、防衛省内で鹿児島県西之表市の長野力市長らと会談し、東京都・硫黄島で実施している米軍空母艦載機部隊の陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転先として、同市の馬毛(まげ)島を検討していることを正式に伝えた。長野氏らは「住民の不安や安全確保の観点から断固反対だ」として、反発した。
 馬毛島を移転先の候補とした理由について松本氏は「南西諸島方面の防衛強化の観点から、自衛隊施設を整備する必要がある。FCLP施設としての活用も視野に入れている」と説明した。北沢俊美防衛相は、週内にもシンガポールで行うゲーツ米国防長官との会談で、同島をFCLP移転先の候補地としたことを伝える見通しだ。
 在日米軍再編に伴い、空母艦載機部隊は米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県)に移転される。06年の「再編実施のための日米ロードマップ(工程表)」は「恒常的な(FCLP)施設を09年7月またはその後のできるだけ早い時期に選定する」と明記。07年にも馬毛島が候補として浮上したが、地元が強く反対し、進んでいなかった。馬毛島は種子島の西約12キロにある約800ヘクタールの無人島で、民間開発会社が島のほとんどを所有している。【坂口裕彦】






鹿児島では、
誰も絶対反対だとは言っていない。
交渉の余地を残して、遺憾、断固の言葉が使われている。
皆さん大人である。