馬毛島に滑走路 自然と歴史を破壊するな 立澤史郎様へのコメント


馬毛島に滑走路 自然と歴史を破壊するな 立澤史郎様へのコメント

「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」
http://magejima.blog.fc2.com/blog-entry-103.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人の住宅建設も馬毛島の飛行場建設も同じである 小川 靖則27日

「馬毛島に滑走路 自然と歴史を破壊するな」立澤史郎
何処の地域も同じで、馬毛島が特別な自然と歴史があるとは偏見である。
個人の住宅建設も馬毛島の飛行場建設も同じである。
札幌は昔自然の原野であった。
立澤史郎この方、何処の上に住んでいるのだろうか。
個人の住宅建設が集まれば札幌、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市となる。
都市となるのはそこに人を養うだけの価値があるからである。
過疎、無人島は人を養う能力が無かった結果である。
種子島空港の建設に誰が反対しただろうか。

なぜ建設しなければならなかったか理由が分からない。
種子島は2箇所も飛行場がある。
新空港に沖縄の基地のひとつを移管したらいかがだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小川 靖則さま   27日
知人から小川さまの書き込みを教えてもらい、取り急ぎ反応させていただきます。
まず私が芯から思うのは、極力無駄をしない、卑怯なまねを許したくない、の2点です。
私的な利益追求だけが進めば馬毛島や屋久島だけでなく、自然(と自然の恩恵)の多くが失われ、多くの人々にとって不利益となります。だから、残す自然と利用する自然を切り分けることも大切です。ただし(甘っちょろいですが)どこをどう利用するかは議論で決定し、利用(開発)する場合の悪影響をなるべく避ける努力をすべきだと思います。
馬毛島の場合、私は生態学的、漁業資源保全、文化遺産保全の観点からまるごと残す意義は高いと考えますが、なによりも一企業が島を所有するに至った経緯が「卑怯」であり、そして今また自衛隊基地案や米軍訓練場案決定の経緯も「卑怯」です。そして、馬毛島を半永久的な基地として使用する気が本気であるのか(それとも現政権の言い逃れに使われるだけなのか)も不明です。国が本気なら、馬毛島よりも旧種子島空港を使い、周辺対策に力を入れるという手もあるはずです(現状での種子島移設にも賛成ではないです、念のため)。以上が、私がこんなにいい加減でその場逃れ的な「国防」政策のために馬毛島を潰すことに反対する理由です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
屋久島高平窯 ブログ
http://yasunoriogawa.at.webry.info/

立澤史郎 様  28日
馬毛島を生態から見るか、騒音分散から見るかの違いのようです。

馬毛島
画像

「馬毛島の場合、私は生態学的、漁業資源保全、
文化遺産保全の観点からまるごと残す意義は高いと考えますが、」
高いか低いか相対的比較論ですから低いものがあるはずです。
厚木と岩国、普天間は低いですか?
都市と基地は人間生態学の宝庫ではないですか。

国防、騒音被害の観点から、自衛隊基地と艦載機発着訓練だけでは
もったいないので普天間基地の馬毛島移設にも賛成です。

特に都市の厚木と岩国、普天間の騒音被害がなくなります。

厚木基地(大和市23万の南西部に位置し、本市及び綾瀬市8.3万、
海老名市12.8万の3市にまたがって所在しています。)
合計人口44.1万人
画像

岩国基地 14.7万人
画像


普天間基地 4万人
画像


上記騒音被害人口は62.8万人
種子島人口は3.3万人、屋久島1.3万人合計4.6万人
それも馬毛島は西の表市から12km、屋久島から40km離れている。

騒音被害人口比較でいくと無人島の馬毛島が最適です。
まずはテストで騒音を聞き、計測するために、
艦載機と普天間の航空機を飛ばしてみましょう。
すべてがこのテストから始まります。
なにせデーターが無いのですから。

馬毛島が生態学的、漁業資源保全、
文化遺産で他と特異点が分かりません。
私は検証が出来ません。

馬毛島は人が居ないので生態学的に
今のままでよいのではないでしょうか。
何はさておき、人が居ないことが自然なのです。
人の手が入っていないことを自然と言います。
基地ではなく、開拓民が島に入り、
すべての土地を農地にして農業をするとなったら、
生態学的、漁業資源保全、文化遺産保全の観点から
どのような論点になるのか私は分からない。
これも自然破壊でしょう。
農地の表土流失、農薬と生活排水で海は汚れるでしょう。

漁業資源保全については、
漁業の総生産高に占めるウエートは
西の表市0.1%ぐらい
屋久島0.5%のようです。
馬毛島は人の生活排水が無いので、
種子島、屋久島の河口に較べ海は綺麗です。
http://www.youtube.com/watch?v=sl1r7kWpCt4&feature=related
魚は熱帯魚が多く観賞用としては価値があるでしょう。
日本海と比べ魚は脂が乗らずあまり美味しくない。
これは私の食習慣の違い。
秋刀魚は北が美味しく、南ではぱさぱさ。
食べ較べてみましょう。
北の秋刀魚の刺身は美味しい。美味しい!

馬毛島の歴史・その1 
http://meguru.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post.html
馬毛島の歴史・その2
http://meguru.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post_de09.html
これが正しいかどうか私に検証する能力がありません。

他と較べ何か特別な文化遺産を見つけることが出来ません。
文化は無人島と開拓の繰り返しで、今も又無人島です。
残す自然と利用する自然を切り分けることも大切で、
歴史経過からあまり利用価値がなく、放置されていたようで、
過疎化していく島は、
利用する自然として軍事基地が最適だと思われます。

「馬毛島よりも旧種子島空港を使い、
周辺対策に力を入れるという手もあるはずです」
旧種子島空港の周りには人が住んでいますので、
基地にするとそれこそ騒音被害が出ます。
基地にするなら、丘の谷間で、
人の居ない種子島新空港がいいでしょう。

旧種子島空港 右下に住宅地があります。
画像


種子島新空港  右と左の海まで住宅地なしで突っ切れる。
画像


「こんなにいい加減でその場逃れ的な「国防」政策のために
馬毛島を潰すことに反対する理由です。」
[極力無駄をしない、卑怯なまねを許したくない、の2点です。]
これをするのが
国民多数が支持する民主、自民、公明党の支配する日本です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
馬毛島事件 [編集]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%9B%B8%E4%BA%92%E9%8A%80%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6
;1983年には、伊坂らは鹿児島県の
無人島である馬毛島の土地をレーダ基地として
防衛庁に売却することを計画し、
大物右翼の豊田一夫(日本青年連盟会長。
三浦義一の門弟)に政界工作を依頼し
総額20億円を提供した。
この資金は20人近い自民党議員に渡ったとされるが、
結局レーダ基地は建設されることはなかった。
・・・・・・・・・・
その後も自民党の議員が馬毛島に色々な働きかけをした。
しかし自民党が2009年9月野党に転落すると、
この基地移転に自民党県議、国会議員と現職町長が反対しているのが
不思議で節操が無い。
金の切れ目が縁の切れ目とは言い当てている。
しかし自民党が政権をとると、又利権を求め、ハイエナのように
金に群がっていくでしょう。これが人間の生態です。


1989年から町長をしている自民党員の現職屋久島町長も
これまで反対運動をしてこなかった。

ところがこの町長が反対運動で協賛しているのが
共産党系の「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」です。

多選6期町長が膨大な無駄をして、卑怯なまねをしても
「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」と
その協賛する多数の団体は
多選6期町長に対して反対運動はいたしません。
この協賛は今年の町長選挙の協賛態勢なのです。

立澤史郎 様が「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」に
協賛することは膨大な無駄をして、卑怯なまねをする
多選6期町長手助けすることになります。