日本の防衛のあり方に関する意識調査 


日本の防衛のあり方に関する意識調査
 
H18年内閣府大臣官房政府広報室調査。
 
この調査が真実かどうかの判断は私には出来ない。
http://www8.cao.go.jp/survey/h17/h17-bouei/index.html

(1) 日米安全保障条約についての意識
「役立っている」と答えた者の割合が75%
「役立っていない」17%)

(2) 日本の安全を守るための方法
「現状どおり日米の安全保障体制と
自衛隊で日本の安全を守る」
と答えた者の割合が76%,
「日米安全保障条約をやめ,自衛隊も縮小または廃止する」
と答えた者の割合が
5.6%となっている。

(3) 沖縄県の米軍施設・区域についての周知度

(4) 沖縄県における在日米軍の機能の一部
  本土移転についての意識
在日米軍の機能の一部を本土で
受け持つことについて賛成か,
それとも反対か聞いたところ,
「賛成」と答えた者の割合が52%
「反対」と答えた者の割合が35%

(5) 日本が戦争に巻き込まれる危険性


以上のことから、
「日米の安全保障体制と自衛隊で
日本の安全を守る」75%が賛成。
これに反対する政党の共産党、社民党支持率は
わずか2.3%である。

「日米の安全保障体制と自衛隊で
日本の安全を守る」75%が賛成。
屋久島の行政と議会と島民は
「日米の安全保障体制と自衛隊で日本の安全を守る」に
反対するのですか。
反対であれば屋久島住民は
世間から逸脱した集団である。

「在日米軍の機能の一部を本土で
受け持つことについて賛成か」52%賛成。
屋久島の行政と議会と島民は
これに反対するのですか。
反対であれば、思いやりの無い島民である。

「日米の安全保障体制と自衛隊で日本の安全を守る」に
反対する政党の共産党、社民党の支持率は
わずか2.3%である。
「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」の
指導者と賛同者は日米の安全保障体制と
自衛隊反対の思想の人たちである。
この人たちの思想に賛同しているのですか。
屋久島の行政と議会と島民は軍事施設を
許さない思想の人ですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
種子島の欺瞞
http://www.pref.kagoshima.jp/infra/port/kuko/tanegashima..html
http://www.mlit.go.jp/koku/04_outline/01_kuko/01_haichi/img/071shintanegashima.pdf

空港整備特別会計を200億円以上使って、
誰も得をしなかった。といいたいところだが、
実は新空港の場所に土地を持っていた地方財閥は
丸儲けだったんだそうだ。
他に使いようのない土地が国に売れたのだから。
地元では、そもそもその地方財閥が政治家経由で
新空港の場所決定に干渉したといううわさだ。
普天間基地移設先はやはり種子島
http://d.hatena.ne.jp/satohhide/20091227/1261874749
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は推論した。あくまでも推論である。
その政治家は誰だ!
どこかの崖地と同じ。
屋久島の首長と議員が応援していたよ。
旧種子島空港は1500mの滑走路で
西に500m延長することは可能であるが
市街地の上を飛ぶ。
騒音の問題で山の谷間にジェット機用で
新たな2000m空港を建設したが
ジェット機は飛んでいない。
不便で航空使用者12万から9.6万に激減。
何のために新空港を建設したのだろう。
屋久島で誰も反対運動しなかった。
この滑走路は3000mまで延長可能。
将来の普天間基地移設先の布石か。
その直線地域に殆ど民家は無い。
新空港は戦闘機に、民間機を旧空港に
用途変更を画策しているようである。
頭のよい人がいたものである。


それでは
軍事施設反対の
屋久島の行政と議会と島民に質問する。
1 日本の安全を守る。
  朝鮮と中国の軍事的脅威を具体的にどうするか。
  
2 「日米の安全保障体制と自衛隊で
日本の安全を守る」75%の国民合意に反対するのか。

3 岩国基地の騒音をどうするか。
岩国と比べ馬毛島では騒音被害は軽減される。
他所の騒音はいいのか。
まずは馬毛島に艦載機を飛ばして騒音を測定すべきである。
その騒音値と岩国の騒音を比較することである。


私の提案
1 まずは馬毛島に艦載機を飛ばして
騒音を測定すべきである。
その種子島と屋久島の騒音値と
岩国の騒音を比較することである。

2 安房川、宮之浦川の河口の水質と
小笠原硫黄島の水質を測定することである。
比較するとどちらが綺麗か分かる。
人の生活と農地が水質を悪化させることが
分かるであろう。
基地と艦載機の騒音が馬毛島の環境悪化させない。

3 馬毛島の鹿が貴重であれば、
種子島と屋久島に移管すればよい。
といえば皆、鹿の害が起こるので反対するであろうが。
害になるものを保護するのだろうか。

要は他人の不具合は容認するが、
自分個人の不利益は反対という、
人間本来のエゴか身勝手である。

でも軍事基地反対のブログを読むと
反対理由があいまいで書かれていない。
どうしてなのだろう???????

馬毛島は個人の所有地であり、
国がアメリカと約束したことである。
以上から
屋久島の行政と議会と島民が反対しても
国は実施するであろう。

一般常識として利権屋が暗躍する。
反対をよそおう利権政治家が袖の下を狙う。
誰かな?

あくまでも憲法で思想の自由は保障される。