私は「ゴミは持ち帰りましょう」を忘れていた


私は「ゴミは持ち帰りましょう」を忘れていた。

8月2日 飛行機は住宅地の上に騒音を撒き散らし
福岡空港から
海上から低空で降りてきて人家の少ない
屋久島空港へ
帰ってきた。

飛行機を降りるとき、乗務員が
「屋久島は自然遺産の島で、
ゴミは持ち帰りましょう」と
アナウンスしていた。
屋久島空港出口の看板にも書いてあった。

私は屋久島を離れ北九州市に行ったが、
そこでのゴミは北九州市に捨てて、
屋久島へは持ち帰らなかった。
私は「ゴミは持ち帰りましょう」を忘れていた。

これはお互い様なので、
屋久島住民が島外へ行ったら、
ゴミは屋久島に持ち帰らないと
身勝手、エゴになる。
屋久島町民の方「ゴミは屋久島に持ち帰りましょう」
を守っていますか。


屋久島町の首長も議員さんも
「ゴミは屋久島に持ち帰りましょう」
言ったことは
を守りましょう。


同じことが馬毛島の基地移設反対にも言える。
馬毛島の基地移設反対と言う人と
自民党と民主党で屋久島町の首長も議員さんも
日本全国の
自衛隊基地とアメリカ合衆国基地反対と
言わなくては、
身勝手、エゴになる。

共産党と民社党は
アメリカ合衆国批判と
大企業批判を何時も言っているから
終始一貫である。