なぜ米軍基地反対のか その1 犯罪

なぜ米軍基地反対のか その1

反対理由に犯罪が多くなるという理由を挙げる人が居る。
これは大嘘である。

犯罪となれば中国人とブラジルの犯罪確率が極端に高い。
中国人の観光推進を行っているが、入国審査を厳しくすべきである。

下記のいろいろなデータを見ると
注、絶対数と確率を分けて考えてください。

在日米軍将兵が引き起こす犯罪。
基本的に犯罪率そのものは日本人よりも低い。
外国人犯罪に関しては公的機関他、
一般の学者が統計を分析している[3]。
来日外国人総数を分母とし、
日本国内の来日外国人犯罪を分析すると
日本人の半分程度の犯罪率になるという意見もある。
例えば、日本人の犯罪率を100%とした時、
2000年の統計では来日中国人243%、
来日ブラジル人250.7%、来日米国人4%

このように国籍の違いにより60倍以上もの差がある。
つまり、裕福な先進国の観光客が分母として組み込まれる事により
統計上の数字が低くなっている。
(平均値のトリック)。 尚、この方法で犯罪率を算出すると、
仮に中国人犯罪者による犯罪が1000%以上になり、
100倍の犯罪件数増加となったとしても、
犯罪率の低い米国人観光客が増え続ければ、
数字の上では来日外国人全体の犯罪率は
低下し続けるという現象が起きる。
外国人犯罪は、増減を繰り返しながら現在の規模に至り、
その他外国人犯罪は減少しつつも、
来日外国人犯罪は昭和の検挙件数・検挙人員・
犯罪構成比率の数倍~十倍前後となった為、
一時期の統計値だけ取り出すと減少していたり、
横ばいのように見える(恣意的にピーク時を統計の始まりとし、
谷部分を終わりとするトリック)。
全体的な統計を見ると一貫して1990年代以降、
来日外国人犯罪の増加数が押し上げる形で、
外国人犯罪全体が急増していることが解る。


沖縄米軍の犯罪率 沖縄県の半分
http://atsukoba.seesaa.net/article/87966894.html

犯罪確率
http://plaza.rakuten.co.jp/doriki/diary/200706050000/

犯罪件数
http://seikatu.qee.jp/archives/54

外国人犯罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E7%8A%AF%E7%BD%AA
現在、外国人犯罪者で多いのは中国人が第1位、次にブラジル人、
第3位は、韓国・北朝鮮人、第4位がベトナム人、
第5位がフィリピン人となっている[1]。

2008年 来日外国人刑法犯・凶悪犯 件数(人員)
中国 刑法犯 10063 (2764) 凶悪犯 44 (42)
ブラジル 刑法犯 4406 ( 818) 凶悪犯 37 (56)
韓国 刑法犯 1655 ( 705) 凶悪犯 22 (29)