ねずみの知恵とトマトの生育


ねずみの知恵とトマトの生育

 おかげさまで今日の朝も目が覚めた。
私は活きていた。

冷たい雨がふっている。

youtubeの音楽がすぐに止まってしまう。
Winampのラジオ音楽を聴いている。
私の接続速度1.5Mbpsで
都会の光通信速度50Mbpsと大きな違いである。
屋久島にはいつ光通信が来るのだろう。
行政が動くかどうかにかかっている。

ねずみの知恵

 ネズミ捕りで4回もねずみが取れない。
餌は食べられ、蓋が閉められている。
考えられることは、ねずみが餌を食べて蓋が閉まった。
誰かがこの蓋を開けて、中のねずみを逃がしたのである。
誰かは誰か?ねずみであると考える。
今年4匹もこのネズミ捕りでねずみを捕ったのに、
今回は難しい。学習能力のあるねずみである。
画像


トマトの生育

 雨よけビニール小屋、通称ビニールハウスの中で
順調にトマトが生育している。
乾燥状態のプランタンのトマトに対し
地植えのトマトの生育高さは3倍の大きさである。
プランタンのトマトの葉は濃い緑であるが地植えは黄緑である。
違いは水分と肥料の違いと思われる。
畑の土は堆肥、浄化槽汚泥で肥料十分の状態である。
プランタンと地植え、土の違いなどを観察している。
講釈より完熟トマトが実ってほしい。

プランタンのトマト
画像


地植えのトマト
画像


台風が接近してきた。6日に屋久島の東を通過するようだ。
明日ハウスのビニールを取り外さねばならない。
トマトに支柱が必要である。