基地の騒音


基地の騒音

厚木基地・夜間離着陸訓練:
「我慢の限界」周辺自治体で
騒音苦情1500件超す/神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000009-kana-l14

このときの5月23,24日私は厚木基地から
5km離れた大和市に居た。
朝から夜中まですごい騒音である。
数百万人が住んでいる上空を
低空で艦載機が飛んでいるのである。
厚木基地
http://www.youtube.com/watch?v=-Ej8GhLUBS4&feature=relmfu

写真は私が撮ったものである。
画像

画像


横田基地の近くにも行ったが、
ほとんどゼット機は飛んでいなかった。

昔ならいなしらず、狭い日本の首都近郊に
首都防衛の為の基地の存在価値はない。
北、西からの攻撃に対し、
東シナ海 、 日本海側で抑撃すべきであるのに、
厚木から飛んでいくには遅すぎるのである。
あくまでも空母の艦載機訓練用に
騒音被害の少ない基地が必要なのである。

離着陸訓練訓練用であれば厚木ではなく
過疎の地域で訓練すべきものと考える。
鹿児島の馬毛島は最適な場所である。

まずはテスト飛行をすべきである。

屋久島町の
「陸上空母離着陸訓練施設の
馬毛島への移設に反対する決議」
は反対根拠が不明確である。

「陸上空母離着陸訓練施設の馬毛島への移設に反対する決議」
http://www.yakushima-town.jp/?action=cabinet_action_main_download&block_id=61&room_id=1&cabinet_id=1&file_id=456&upload_id=1843

普天間基地、厚木基地は良くて
馬毛島移設反対では
屋久島町議員は
互助の精神にかけている。

さらに米軍基地移設反対が主で、
1言だけ付け足しのように
自衛隊施設移設反対が表明されている。
どうも基地反対ではなく、
米軍基地騒音反対が趣旨のようである。

共産党及び左派系(2.7%)の
軍備廃絶思想の人とならともかく、
右派の自民、民主系の人たちである
屋久島町議員が
反対声明を出すのは納得しかねる。
身勝手も甚だしい。

自衛隊、軍事基地賛成であれば、
互助の精神で
まずは普天間基地、厚木基地の
過疎地移設決議をすべきである。

国税の恩恵を受けているのであれば、
負担も公平に受けるべきものと考える。

軍事基地は過疎地が良い。



★NHK世論調査 各党の支持率  2012年1月

 各党の支持率は、民主党がやや上がって18.5%、
自民党が先月と同じで18.3%、公明党が3.7%、
みんなの党が2.7%、たちあがれ日本が0.3%、
新党大地・真民主が0.1%
安保、自衛隊賛成党 43.6%

共産党が2%、社民党が0.7%、
安保、自衛隊反対党 2.7%

「特に支持している政党はない」が46.1%でした。