穴窯天上アーチ新規製作

穴窯天上アーチ新規製作

素焼き燃焼時1箇所天井からレンガが落ちた。
内側からアーチ型治具を入れてジャッキで支える。
その補修のため天井の断熱材を2列剥がした。
アーチの頂点部のレンガが3個落ちていた。
画像

側壁が熱で開くため、アーチがゆるくなり陥没する。
1箇所補修しても、また起こる可能性がある。

それでアーチを新規に作りかえる。
4月9日の本焼きは長期延期する。
半年掛けて新規製作する。
まずは工事のため穴窯周辺を片付ける。
1 天井断熱材を土とモルタルに分けて回収する。
2 天井をすべて取り除く。
3 耐火煉瓦をグランインダーで清掃する。
4 側壁を低くして側壁の開きを小さくする。
5 側壁内部の耐火煉瓦を固定する。


近所の竹林に竹の子を掘りに行ったが
1個しか見つからなかった。
今年は竹の子が遅い。
画像