4月1日 病院旅行記

4月1日病院旅行記
4月1日はApril Foolである。
いやな予感がする。

4月1日13:30の船で鹿児島へ行く。
16時から前立腺癌術前プランの検査をする。
素っ裸で仰向け、足広げ、足高くの姿勢である。
想像してください。出産姿勢である。
尿道に造影剤注入。肛門にガス抜きをして、
超音波造影棒を突っ込む。
それで前立腺の大きさを調べ、どのような
間隔で小線源を入れるかの測定である。
結果は前立腺の大きさ限度42ccに対して
59ccも在るので小線源間隔が広くなりすぎて
小線源効果が薄れるとのことで
4月24日の小線源治療が延期となる。
後2ヶ月間ホルモン剤を飲んで
前立腺を小さくすることになった。
6月3,4日で再度術前プランと
検査を行う。
これで小さくなれば6月19日入院治療で
退院は22日退院予定となる。
17時医者との面談説明が終わった。
ホルモン剤を更に62日分処方してもらい
薬局に行く。
小線源治療が延期になることは白内障手術の
日程も明日変えなくてはならない。
4月1日はApril Foolであった。

いつもの回転寿司ではなく、
美味しいステーキを食べることにした。
月曜日18時、不景気なんて何のその、
店はおばさんたちでにぎわっている。
厚さ2・5cmのサーロインステーキ
250gを久しぶりに食べる。
家で何年前かに食べたステーキは
1cmもなかった。

それから予約してあるリトルアジアという
鹿児島中央駅の裏の安宿に行く。
個室2500円は満室で
ドミトリー1500円である。
行くとカプセルホテルと似ている。
東南アジアと違い大変清潔に
片付けと掃除がしてある。
若い旅行者で繁盛している。

4月2日
06時起床。
本来午前中前立腺の術前検査が
予定されていたがキャンセルになったので
眼科の予定が14時であるから、
午前中時間が空いてしまった。
朝飯に駅前の朝市食堂に行く。
鳥ラーメン500円を頼むと
おばちゃんが色々話しかけてくる。
そうするとおじちゃんがサービスで
芋の天ぷら、野菜炒めを
小皿で持ってきてくれる。
帰りに600円置いてきた。

9時にアミプラザ6回の映画館に行くと
子供たちで一杯である。
午前中は子供映画で大人の映画は無い。
それで植木市に行く。
昨年山椒木が枯れたのをおもいだして、
雄の山椒木を買う。
夜香木を探すが無い。秋に売り出すという。
山椒木手持で病院に行く。

10:30まず泌尿器科で昨日検査した
PSA値を聞くと11が2.6まで下がっていた。
癌が治ったわけではない。
これが治療後いくらに下がるかの術前測定である。
更に6月治療の日程を口頭で聴いただけなので
文書での日程を求めた。

白内障のレンズ合わせは14時からであるが
11時に眼科に行って4月の前立腺治療が
6月19日入院治療になったので、
勝手ながら白内障手術を6月に変更してほしいと
眼科の受付でお願いする。
すぐに担当医が会ってくれて、
6月の前立腺治療日程に
あわせて白内障手術を日程変更してくれた。
これで再度すべての日程が決まった。
すべて医療は午前中で終わった。

16時の船が予約されているので、
4時間の時間を埋めなければならない。
スーパーに行くと2貫89円の
握り寿司が売り出され
おばちゃんたちで長蛇の列である。
極上の焼く肉カールビーが
半値で売られていたので2パック買う。
本当は元の値段を信用してはいない。
高くして半値としているかも知れない。
再度2貫89円の握り寿司店に行って
6種12貫を購入してトッピー待合室で
その握り寿司を食べる。腹は膨れた。
余は満足でトッピーで19時帰宅し、
家でカルビー焼肉を酒の肴で酒を飲む。
カンラ カンラで就寝す。
3日01時起床


6月手術日程
     
3日 14時白内障レンズ合わせと検査   宮之浦10:45発
       16時前立腺術前プラン  
4日 08時前立腺術前検査          鹿児島13:30発
     
14日 10時白内障10時入院         安房07:00
       午後右目手術  

17日 左目手術  
18日 転科  
19日 前立腺治療入院  
23日 午前中退院                 鹿児島10:20