高平一笑会の花壇手入れ


高平一笑会の花壇手入れ

多年草と花木を植えて、季節ごとに花の苗を
植えることをやめる庭作りをしている。
多年草の庭造りである。
雑草が1ヶ月ではびこったので草取りを行う。
前回草取りをした人の個性で雑草の出方が違っている。
1週間雨無しで、土がからからの乾燥している。
画像


2時間掛けて大まかに雑草を根から抜いていく。
土が固くて抜けないので、
まず水を撒いて土を柔らかくして、
雑草を根から抜いていく。
残すのはグランドカバーの
岩だれ草である。
かなり繁殖してきている。
繁殖するまで雑草を抜かなければならない。
岩だれ草はグランドカバーなので繁茂すれば
雑草は生えなくなるであろう。
画像


つつじを17本抜いて、挿し木が出来る
場所5箇所を作り、
水を十分に入れ込んで挿し木をした。
この挿し木はすでに根が出ているものである。
毎日水やりをしなくてはならない。
クチナシを2箇所に挿し木
画像

こてまりを3箇所に挿し木
画像


2時間中腰でしゃがんで作業していたために、
右膝間接が痛い。
高平一笑会の高齢ばあちゃんたちが
この草取りをすると足腰が痛いという。
草取りをなくすためにも
高平一笑会の花壇計画が必要である。