桜の薪割り


桜の薪割り

21日宮之浦に行ったついでに
憩いの森公園に寄って
桜の木の倒木をもらってきた。
シロアリにやられた倒木の桜の木である。
シロアリの後に蟻が巣を作っているので
この木は蟻だらけである。
その木を持ち帰り、切断し斧で割っている。
画像

割ると蟻の大群が現れ、
割れ口は真っ黒な状態である。
私は蟻アレルギーでかまれると
直るのに2週間掛かるので、最善の注意をして
手を出している。

真っ黒な状態から、すでに蟻が散った状態である。
画像


画像

昨日は火あぶりにしたが、
なかなか退散してくれないので
今度は水攻めである。水面に蟻が浮き出てくる。
これだけ殺生をすれば
私は天国にいけないであろうから、
私は長生きするかも?
悪いやつほど世にはばかる。
画像

この桜の薪が燻製に使用される。

朝倉市杷木の山の中に移住した友人から
2度目の柿が送られてきた。
前回の40個の柿は干し柿にして冷凍してある。
毎年タンカンと物々交換しているが
更に送られてきた。
12月にベーコンを製作ので、
お返しはベーコンである。
画像