カメラ故障

カメラ故障

今日一日庭仕事をする。
つつじの選定ではあるが、刈り込みではない。
殆ど根元から切ってしまう。
これくらい切って、翌年500mmの高さで
花を咲かせる。
4時間掛けてつつじの2/3ぐらい鋸で切り込んだ。
枝をリヤカーに積み込んで破棄した。
小枝の廃棄場所は決まっている。
2時間ごとに休憩して作業する。
途中足の指がつって痛い。
オーバーワークである。
明日26日残りを切り込む。

いくら経っても
さつきは咲かない。
秋に家内が選定してしまうからである。
ただし側面は切らないので、
時々側面のみ花を咲かせることがある。
毎年のことである。
さつきの秋選定を止めることが
出来ない。

昼にニコンデジカメの電源を入れたが
レンズが前に出ない。
色々操作したがダメ。
すぐにネットでキャノンの安い9800円
を購入した。納期は4月28日である。
私には高いものと安いものの
良し悪しの区別がつかない。
さらに悪いことはニコンD40の
デジカメ用USBケーブルを
破棄してしまっていた。
更に1000円掛けて購入しなければならない。

追記
地下室にデジカメ用USBケーブルがありました。
捨てないでよかった。
しかしXPのソフトが入ったPCが動かなくなった。
立ち上がるが次の時点で動かなくなり、
応答していませんから動かなくなり、
電源を切らなくてはならない。

古いものは壊れる。
新陳代謝が必要である。
新陳代謝で文化の営みがうまれてくる。
老人が若者の職業を奪ってはならない。