廃材利用の洋ランテーブル


廃材利用の洋ランテーブル

3月22日にパカラ*3からテーブルと
椅子の廃材を頂いた。
まだ何に利用するか決めていなかった。
画像


23日
ネジ釘で固定されているが、腐って外れない。
叩いて強引に外して腐っている所をはつった。
画像

画像



4月8日
毎年鉢の数だけ洋ランが咲く。
画像

画像

画像


崩落した窯から作品をぼちぼち取り出す。
こんなものが焼けるので
穴窯をやめることが出来ない。
画像

画像

 
庭の西洋ランの鉢置きテーブルを2本作った。
まだ1本あるので、農機具倉庫に保管した。
今、花の時期で既に切り花として採った鉢を並べた。
画像

画像

別の作業中、右の親指に棘が刺さり、
左手で針、毛抜きで操作するが抜けない。
熱を帯びて腫れる。
9日09時に尾の間診療所に予約を取った。

私は作業の動作が注意散漫である。
特に足は打ち身だらけである。
いたるところが青く、赤く腫れている。
今も4箇所腫れている。
これがもとに戻らず黒い斑点になる。

大手マリの花が大きくなった。
花の色が小さな緑から少し大きな
緑がかった白に変身している。
満開になると大きな白になる。
画像


9日の朝に野菜を沢山入れた豚汁を作った。
野菜が少なくなったので農家の畑に採りに
行かなければならない。
行かなければ畑で腐るか、花が咲いてしまう。
お礼はベーコンである。

豚肉は2kgのバラ肉をスライサーで
薄切りにして冷凍保管されたものである。
120g単位で個別にラップして保管されている。
画像