5月3日 18時 風見鶏が飛んできた


5月3日 18時 風見鶏が飛んできた

5月3日 18時 風見鶏の大きな箱が
奈良から飛んできた。
想像以上に箱が大きい。
なぜこんなに大きいのだろう。
画像


厳重な厚い段ボールを開ける。
画像

風見鶏の箱の中身がもったいないので
新聞紙は薪窯の焚き付けに、
ポチポチは陶器の包みに利用した。


観てびっくり玉手箱!!!
円形8枚羽の風見鶏である。
こんな風見鶏を観たことがない。
画像


明日の朝早く飛ばしてみたい。
風車のように羽が回るのであろう。
画像

奈良県香芝市白鳳台の人よ
ありがとうございます。
こんな嬉しいことはない。

4日朝
07時大きな風見鶏を鉄筋の先端に取り付けて
掲げる。水車のように羽が回り始めた。
画像


画像


08時半薪窯で豚三枚肉ブロッグ
2.5kgを1時間湯がく。
6日のためにラフティーを作り始める。
画像