屋久島の観光と定住

屋久島の観光と定住

屋久島の再生は
観光と定住を結びつけるPRと企画。

。。。。。。。。。。。。。。。
Jbpress
団塊世代の地方移住が日本を救う
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42117


1「来訪する(Visit)」「滞在する(Stay)」
「定住する(Live)」という3つの段階を意識して、
その段階ごとに交流事業を展開し、
これによって観光地としての魅力にとどまらない。

2 介護医療を充実して、老後の不安をなくし、
さらに介護医療の雇用を生み出す。
高度な医療技術を持った高齢者専門病院・
介護施設を誘致する。加えて、映画・
演劇などの鑑賞施設、ハイキング用の山道等を整備して、
高齢者が生活をエンジョイしやすい環境を
作る発想も重要だ。
S氏の提案要点
団塊の世代が地方に移住すると、都市部の老朽化したマンション・家屋の再生が進み、若い人が都市部で居住できるようになる。自宅と職場が近づき、共働きが楽になり、子供が作りやすくなるという少子化対策にもプラスの効果をもたらす。「都市と地方の人口循環の確立」を提唱している。団塊世代の生活防衛、地方の再生、それから少子化対策は、まさに「三位一体」なのである。地方創生を達成するためには長い時間が必要となるが、「団塊の世代の地方移住」がその起爆剤となることは間違いない。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
問題は屋久島町行政が地方再生の青写真を
作ることができるかどうかである。