穴窯再建67日目とニンニク  19日

穴窯再建67日目とニンニク  19日

曇り23℃。

フラッシュモブ
https://www.youtube.com/watch?v=Ky8DqlkgDrk
https://www.youtube.com/watch?v=6_0pmd46Ybg


朝一番に生ウコンの滋賀県への
発送が終わった。

バラが咲き誇る。
つぼみと咲き終えたものが混在する。
まさに人間社会と同じである。
画像

アマリリス が咲き始めた。
画像


穴窯の屋根の上のトケイソウが花を咲かせた。
画像

屋久島に居ると自然現象を体験できる。
周りが森と海であるから観察できる。


作業開始。
穴窯の上に断熱材を乗せる。
まずは再利用の耐火モルタルの塊を小さくする。
これと耐火モルタルの粉、横の焼結粘土を
混ぜてアーチに叩き付けて塗る。
画像

画像


今の屋久島ニンニクの予約は40kgである。
製品外の新ニンニクを頂いたので、
昼食は新ニンニクのスパゲティーを作った。
大変香りがよい。
ちらほらイタリア旅行の計画が頭をよぎる。
JALマイレッジではローマ行きの便が無い。
オランダからローマまで2週間かけて鉄道の旅を
想像する。

午後
2時間かけてアーチの半分を塗り終えた。
画像


画像



さらに再利用の耐火モルタルの塊を
明日のために100kg砕く。

明日残りの半分を塗る。
耐火モルタルが残り少なく
20kg*9袋となった。
耐火モルタルは高価なので今回の工事と
後の補修用を考慮しなければならない。

その後2トンの焼結粘土にセメントを混ぜて
アーチに断熱のため乗せる予定である。

酒の肴は〆鯛と鯛のあら煮である。

又夜中は南西の風が吹いて大雨である。
風見鶏を取り込んでいないので心配である。
窓を開ければ~港は見えない。
暗黒の空間が広がり、
小川から轟音が聞こえる。
川一杯に水が流れていることだろう。