尖閣諸島の領有化とこれからの作業の覚書  25日

尖閣諸島の領有化とこれからの作業の覚書  25日

尖閣諸島の領有化
。。。。。。。。。。。。。。
じわじわと尖閣を手に入れようとしている中国
尖閣での日中対立は中国が優位に、
米国の政策諮問機関が判定
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45342

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

既成事実として占領してしまえば勝ちである。
これが歴史の教えである。
竹島が良い例である。
大韓民国が占領しても日本は手も足も
出せなかった。

解決策は、
日本が尖閣諸島に気象観測所を作ることである。
じわじわと既成事実を作っていくことである。
ここでアメリカの出方が検証される。
さて中国共産党はどう出てくるか
対策を立てることである。

これからの作業の覚書

地下室でジャズを聴きながら、陶器製作に励んでいる。
松居慶子  ジャズピアニスト
https://www.youtube.com/watch?v=279y1vXcoWY

縄文風陶器製作は時間がかかるので、数ができない。
10個製作して乾燥させている。
1個製作に2~3日はかかる。
画像


画像


カップは1時間で10個ぐらいは曳ける。
しかし半乾燥と高台削り、取っ手付けと工程は進むので
完成には3日を要する。
画像


練りこんだ粘土がなくなったので
15kg*2を引き出した。
画像

紐粘土を積上げて高さ400mmに引き上げた。
画像


縄文風陶器の乾燥は1か月かかるので、
これを先に製作しなければならない。
陶芸は根気と時間待ちである。

12月のベーコンとロースハムは各30㎏の
予約は入った。15~20日に完成させる。
冷蔵庫に60㎏を一度に香辛料漬けに
しなければならない。
ベーコンは15㎏*2回=30㎏、
ロースハムは3kg*1日3回*4日=36㎏
(1回5時間保温)製作可能である。

桜の薪とトウガラシ、酒粕、焼酎、香辛料は
在庫している。
塩1.5kg、さらし、タコ糸がないので購入する。

ニンニクがなくなったのでいつもの農家に
2㎏買いに行った。

今日,ためしてガッテンで酒かす漬の放送があった。
私のベーコンとロースハムはまさに
香辛料酒かす漬である。
放送の趣旨は知らなかったが、柔らかくするためと
豚くささを消すために使用していた。

全国的に寒かったようだ、屋久島はさすが南国、
朝17度、昼22度で暖かい。
ポインセチアが赤く染まり、春に咲く花が狂い咲きで
ちらほら咲いている。
これから蕗の黄色い花が真っ盛りとなる。