食の文化と食品添加物

食の文化と食品添加物

ベーコン、ハム、ソーセイジの添加物
亜硝酸ナトリュウム 
http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_178731/

私はベーコン、ハムを製作しているが
食品添加物は使用していない。
しかし肉類をあまり食べないほうが良い。
少し味付けとして使用するぐらいがちょうどよい。

中国産の食料品が惣菜、加工食品に
多く使われている。
中国産の食料品
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3830.html
個人で防御するには、外食しないこと、
料理は家で作り惣菜を買わないことである。

これをすれば日本の料理文化の伝承ができる。
給食は戦後の食糧難の時の子供の健康維持の
産物である。学校給食も中止して親が弁当を
作ることである。
これに反対するのは親が労をいとい、
親の怠慢である。
朝から家族みんなで朝食をいただき、
親は弁当を作ってあげましょう。

我が家の冷蔵庫にはあふれんばかりの
食料品が保管されている。
冷蔵庫が3台、炊飯器も4台ある。
趣味として料理を自分で作っている。
もちろん後片付けも私が行う。
炊飯器はいろいろな料理ができて
便利である。
さらに、友人からエプロンが送られてきた。
あれやこれや考えて料理を作るので
料理を作ることは楽しい。

屋久島町の食育計画が数年前
公布されたがその後どうなったのだろうか。
一般に、計画は公布されるが
結果は公布されない。
これでは評価できない。