道路の道案内と柿  2月1日

道路の道案内と柿  2月1日

屋久島には道路標示がない。
我が家への道案内がないので個人的に
県道からの入り道に道路の公式名称
「高平5号線」看板を設置している。
看板設置10年以上経っているのでかなりの人が
覚えてくれているのでTELでの案内が楽である。
支柱が腐っているので、新規に作ることにした。

塩ビパイプで支柱を作る。
パイプが曲がっているので、
パイプをコンロにかざして
直線に強制する。
エルボを買って組み立てた。
画像


パイプ塗装の色の選択はなしで、
青色のペンキしか手持ちしかがないので塗っただけ。
画像



縄文風土器を玄関に飾る。
画像



角大皿の金継完成。
画像


画像


パカラ三がなまこを買って来てくれた。
ありがたい、今日も島根の生18度の
玉櫻 しぼりたて が飲める。
添え物の自家製大根を摩り下ろす。
至福のときである。
画像


私が作った熟柿が少なくなってしまった。
1年はもたない。
其れで安い柿をネットで探すが売切れである。
福岡県朝倉の富有柿も売り切れになっていた。
福岡県朝倉に転居している友人に
分けあり傷物の安い柿を探して貰うことを依頼した。
5分後に有りと連絡があった。
10kgの購入依頼をお願いした。
柿ありがたい、感謝感謝!!
熟し柿でどうしたら製品が出来るか、
付加価値を考えている。
ジェラートの材料にしたらどうかなど考える。

作り方
1 柿の皮をむく。
2 剥いた柿を消毒のため熱湯にさっと通す。
3 1週間ほど天日干しにする。
なか日にもう一度殺菌のため
エチールアルコールを噴霧する。
黒いカビを発生させないこと。
4 1週間後1個一個カップに包んで冷凍する。

この作業のポイントは天気である。
皮をむき時は翌日から数日晴天であること。
翌日雨の日には剥かない事。

2月5日期限で生ニンニク(5月収穫)の予約を
取っているがすでに50kgの予約が入った。