高齢者の福祉の見直し。

高齢者の福祉の見直し。


「高齢者の世代は他の世代と比較して、
総じて資産持ちだ。
現役時代にためた資産、退職金、そして年金などで
構成される60歳以上世帯の平均貯蓄は2000万円超。
全世帯の貯蓄総額の6割以上を
60歳以上世帯が占めている。
しかも、負債額は他の世帯と比較して少ない。
1500兆円に及ぶ個人金融資産の
6割を占める巨額な高齢者マネー。」
http://diamond.jp/articles/-/38459?page=2

働き盛りの人

金が要るのに金はなし。
結婚しようにも停職なし。
子供がいるのに保育園なし。
預金もないので自宅なし。
ないない尽くしで子供なし。
これでは未来に希望なし。
これでは年金払えない。

高齢者
世の中の金と家をため込んだ。
金があっても使うことなし。
ため込み箪笥預金で詐欺にあう。
子が見捨てて介護受け。
介護も医療も1割負担。
交通運賃割引だ。
個人は負担しないで、お国の負担だよ!
いいものねだりの高齢者。
介護、医療借金は働き盛りの人に負担させ。

私の私見
高齢者があまりにも資産を持ちすぎていて、
負担のいびつな国はない。
消費税は20%にあげましょう。
高齢者の介護、医療負担を3割にあげる。
相続税を4割にあげましょう。
背番号で財産把握して負担基準を決めましょう。
財産把握で年金給付を決めましょう。
これで負債を返還しましょう。