本焼きの陶器の整理  10日

本焼きの陶器の整理と庭仕事  10日

今日は暖かい快晴、昼は20℃以上まで上がる。

06時山が朝日で赤く染まる。
画像


ソーミル液に漬け込んだバラ肉5kgと
ロース肉5kgを塩抜きして、ロース肉は
サラシで巻いてタコ糸で巻き〆する。
その後冷蔵室で乾燥させる。
明日、ベーコンとロースハムを製作する。
今回の注文はベーコン1kgであるから、
息子と知り合いに送る予定である。


曜変天目の調合を間違えた。
調合するときから長石が半分足りないもでは
ないかと心配していた。配合量を途中から
倍にしたので長石も倍にしたかどうか
自信がなかった。
案の定ガラス質ができなくて、添加物が解けて
剥がれていた。
画像


白萩は思っていたと通りに焼けた。
画像


カップの緑青は粘土の鉄分の具合と
釉薬の厚みで色合いが大きく異なる。
粘土の鉄分が少ないと緑になり、
薄いと緑青が出なく透明になる。
画像

再度灯油窯でテストを行う。

午後から
家内が草取りした後放置するので、
リヤカーで集めて堆肥置き場に運ぶ。

パーゴラのキューイの剪定をする。
接木した雌の枝は大事に残す。

昼間は気温が20℃以上に上がり、作業すると
暑い、ジャンバーを脱いでシャツ1枚で作業する。

干し柿が熟してぶよぶよになる。
乾燥した表面が保護している。
それをサランラップにくるんで
冷凍室に入れる。