剪定した枝を薪にする   3月2日

剪定した枝を薪にする   3月2日

今日は暖かい12℃、昼14℃になる。

屋久島では春野菜を冬に作る。
この時期しか野菜は作れない。
春になれば虫が出てきて食べつくしてしまう。
雑草も枯れずにはびこる。
画像

画像


雑草置き場と枝置き場を別にして、
堆肥を作っている。
暖かいのでシャツ1枚で作業する。
堆肥置き場の奥に剪定された小枝を山積みしている。
枯れているので薪にするため採取する。
画像


下部のものを引きずり出して上に運ぶ。
画像


下部の枝を取り除いたので置き場が凹んだ。
画像

枯れた枝を薪小屋に運び込む。
これだけで低温部での100度上昇の薪になる。
無駄にはしない。
画像

だがまだ3分の2は残っている。さてどうするか?

穴窯での本焼き手伝いの返事があったので、
下記の予定で本焼きを行う。
3月
8日 18時~08時14時間 900度 私
9日 08時~16時12時間1200度 手伝い2名
昼のまかないは私がイカ墨スパゲティーを作る。
9日 16時~   12時間1250度 私

[穴窯本焼きを公開しますので見学に来て下さい。
「高平5」の看板を山側上がる。
夜の見学は懐中電灯が必要。
庭の入り口を開けておきます。]



今日の肴は家内が買ってきたぶりカマである。
明日の朝は牛丼、昼は残りで肉うどんの計画を立てる。
牛バラを氷解するため冷蔵庫に入れた。
夜は牛ヒレカレーライスを作る予定。