朝から騒動  14日

朝から騒動  14日

暖かい快晴の朝である。昨日の雨がうそのよう。

  ノートPCが無線に繋がって、地下室でも
使用できるようになったといいたいが、
朝、地下室にノートPCを持っていくと
無線がつながらない。電波が弱いのか?
1階でも繋がらない、
2階でも繋がらない、
?????  。
2階のデスクトップとルーターの電源が切れている。
10列コンセントを探すと、オスコンセント外れていた。
にやり!!
朝2階の大掃除をした時に、掃除機の先が
オスコンセントをはずしていた。
10列コンセントにオスコンセント電源を入れて
ルーター、デスクトップの立ち上がりを確認した。
ノートPCの無線も繋がった。
それで1階、地下室に移動して、無線ランを確認。
朝の騒動でした。

  10列メスコンセントにオスコンセントを
入れなければ10列メスコンセントのどれも
電源を供給しない。
これは自然界の営みと同じである。
男が種の保存要求がなくなれば人口は減っていく。
貧しくても種の保存要求があれば人口は増加する。
低開発国は人口が増えている。
私は46年前、共稼ぎではなく年収56万円で結婚した。
保育所もなく、イクメンも無く子供は家内が育てた。
何でも社会に頼ろうとするからおかしな社会になる。
現在、一概にお金がないから結婚できなく、
子供が出来ないとは短絡である。

  今回の網膜裂孔と後発白内障の手術で、
私の2割負担は4500円であった。
これが45000円でもよいと思う。
網膜裂孔と後発白内障との手術の後、
網膜裂孔の自覚はないが
目のぼやけはなくなった。
医療には感謝している。
私などは現代医学のおかげで生きている。
生きるということ個人負担が
伴って当たり前である。
老人福祉も資産と収入により
負担率を変えるべきである。
老人医療負担が1割、2割は容認できない。
大勢の金持ち(1500兆円に及ぶ個人金融資産の
6割を占める巨額な高齢者マネー)が
資産を抱え込んで社会福祉を受けようとするから
財政が苦しくなるのは当たり前である。
これを打開すれば長期間財政負担が軽くなる。

  10時から庭の整備をする。
まず家内が抜いて放置した雑草をリヤカーで運ぶ。
芝生の端をワイヤー草刈機で刈る。
それから芝刈機で芝を刈りゴミを吸い取る。
画像


パーゴラのキューイの芽が1日でほころび
葉が開き、葉が大きくなっている。
画像


  15時からPC1とPC2の
ホームグループを構築する。
1時間で出来たが、お気に入りをPC1から
PC2に移管するのが難しいが
試行錯誤でOK。

明日は竹の子を掘りに行って、湯がいて
竹の子ご飯と竹の子の煮付けを作る。