耐震建設とシンビジュームの株分け  16日

耐震建設とシンビジュームの株分け  16日

朝は晴れていたが雲が出てきた。

熊本地震が多発して災害が大きくなっている。
地震は防ぐことが出来ないので
救援と復旧が重要である。
災害に会われた方の泣き叫ぶ姿は無い。
淡々と受け入れ、冷静な姿は日本人である。
自然に対する恐れと信仰の態度である。
公共施設の災害を見て、耐震建設に
なっていないことが分かる。
公共設備が耐震になってはいない。
さらに電気が止まるとどうしようもない
ことになることが分かる。
公共施設と個人も自家発電が必要である。
家庭では5KVA必要で、緊急用として
2.6KVAで10万円ぐらいである。


 今日は朝からシンビジュームの株分けをする。
土の準備をする。炭も60Lある。
画像


肥料とも混ぜ合わせる。
画像


株分けするのに力が要る。根は2/3切り取る。
古い土はのぞいて新しい土を入れる。
画像


トータル18鉢になった。
まだ花が咲いている鉢が4鉢あるので、
分けて8鉢になる。
画像


古い根の残材である。これは堆肥にする。
画像