アメリカのくびきがなくなった。 2016年11月9日

アメリカのくびきがなくなった。 2016年11月9日
日本は記憶すべき時になった。

トランプ当選でアメリカのくびきがなくなった。
黒船来航と逆で、70年の外圧が外れた状態になる。

日本の評論家の判断がすべてはずれ、評論家の
信用と信頼性が失墜した。

安保の日本負担と自主防衛、核保有、
軍備製造と輸出、TPPの崩壊、
不法移民の排除など
日本独自の政治と外交ができる。
日本は不法在日を帰還させる
時期にきた。

一番喜んだのがアメリカを拒絶する日本共産党である。
左派はこの世の春とお祭り騒ぎであろう。
そうなれば日本共産党は政策をどうするか。
アメリカ憎しの党要領では思想が成り立たなくなる。
アメリカが東アジアから引き上げた時、
支那が日本を狙うとき日本共産党の政策が
問われる。
独自の国策要領を発表しなければならない。

野党が反対していたTPPが崩壊する。
アメリカを除いて、日本主導の11か国で
TPPを成立させれば良いことである。