屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮のミサイル飛行で騒ぐ日本  15日

<<   作成日時 : 2017/09/15 15:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝鮮のミサイル飛行で騒ぐ日本  15日

憲法9条で
「国際紛争を解決する手段として
武力の行使は永久に放棄する。
陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。」
となっていますから
朝鮮と支那から何をされても交戦権がない。
何をされても抗議だけで、手も足も出せない。
日本の武器は放水と拡声器だけ。

海上保安庁が北の違法イカ漁船
https://www.youtube.com/watch?v=ghBjNS-dffg

インドネシア海軍、中国密漁者を逮捕し船を没収して爆撃
画像


憲法9条の改憲を検討しよう。
改憲の検討を議会が
非難阻止してはならない。
判断は主権の国民がすることである。

ミサイルの領空100km以上の高さの飛行は
暗黙了解として自由である。
日本の衛星も他国の空を飛んでいる。
防衛省関係者によると、高度750km、
水平距離3700kmと推定。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
領域 (国家)
領空とは狭義の領土と領海の上方の空間をいう。古くは上限は無制約とされていたが、現在は1967年に発効した「月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約」(通称:宇宙条約)で宇宙空間の領有が禁止されているため、宇宙空間に属する部分は領空に含まれないとされている。しかし、領空と宇宙空間との境界を明確に画定することには成功していない。
。。。。。。。。。。。。。。。

日本の上空を衛星が飛んだからと言って、
Jアラートを発令してもせんないこと。
部品が落ちてきても大気に突入すれば
燃える。

左派は話せば分かると言うが、
分からないから朝鮮と支那は
身勝手なことをする。
国際ルールを無視する。
その勝手なことを左派は非難と抗議しない。
左派は反日で、日本で革命ができないので
まずはアメリカ基地を日本から排除して、
革命運動を起こそうとしている。
朝鮮と支那はアメリカと同じ資本主義、民主主義の
ヨーロッパ諸国を左派は非難しない。
日本の左派と同様に、朝鮮と支那だけが
日本とアメリカを非難毛嫌いしている。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

朝鮮のミサイル飛行で騒ぐ日本  15日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる