屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 団塊世代の屋久島移住促進

<<   作成日時 : 2017/09/23 06:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

団塊世代の屋久島移住促進

。。。。。。。。
朝鮮の太平洋核実験予告掲示
朝鮮の太平洋核実験予告掲示で朝鮮と
アメリカの攻防が危うい。
さらに日本も攻撃を受ける可能性が大きい。
さらに朝鮮から反日避難民が日本に
押し寄せてくるであろう。
そのまま居ついてしまうであろう。
反日左派の人は反日応援者が来るので
うれしくて大歓迎であろうが、
一般の日本人は迷惑である。
人道的には一定地域に囲んで
外にださず、沈静化したら返すことである。


団塊世代の屋久島移住促進

屋久島町HPの
屋久島移住ガイド
http://ijyu.yakushima-marche.com/index.php
団塊世代の屋久島移住促進に特化した方がよい。
若者は金がない。老人は金持ちである。
屋久島最大の問題は
屋久島には雇用産業がないことである。
。。。。。。。。。。。
日経
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGF20H06_Q7A920C1MM0000/
2017/9/20 1
日本の金融資産は1832兆円と過去最高を更新した。
。。。。。。。。。。。。。。

60歳以上が日本の金融資産の60%を持っている。
60〜70歳まではまだ働いているので動かない。
団塊の世代が70歳を超して無職で金持ちである。
画像

画像

右が貯蓄、左が負債

この団塊の世代の屋久島移住を促進すべきである。
土地の購入、家の建設、固定資産税、町税、
年金で屋久島にお金が落ちる。
農業委員会も頭を柔らかくして、
荒れた農地を宅地に変えれば高く売れる。
移住者に対する、たかりとだましはやめましょう。

移住者の老後を安心して過ごせる、
医療介護の充実が不可欠である。
社会保障関係費国の予算32 兆 4,735 億円である。
団塊の世代の屋久島移住はこの社会保障関係費が
背後についている。
画像


屋久島行政は医療介護費町負担が
多くなると考えてはならない。
市町村の負担割合は小さい。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
【老人医療費の構成】
老人医療費は、保険料、公費、患者一部負担金でまかなわれている。公費負担の割合は2002 年9月末現在、一部負担金を除く費用の30%であり、国が20%、都道府県が5%、市町村が5%?を負担している。都道府県と市町村の負担分は、それぞれ老人福祉費という名目から支出されている。
【介護費の構成】
介護費は、保険料、公費、利用者負担金でまかなわれている。公費の割合は利用者負担を除く支給額の50%であり、国が25%、都道府県が12.5%、市町村が12.5%?を負担している。老人医療費と同様、自治体負担分は老人福祉費として支出されている。
。。。。。。。。。。。。。。。

老人医療費の町の負担は少なく、
屋久島に社会保障関係費のお金が
満ち溢れていると考えなければならない。
そのお金をいかに町が回収するかである。
医療介護費の人件費は50%である。
50%が屋久島に残り、その分雇用が
大きくなるのである。
この若者の雇用増加で町を活性化できる。

屋久島の生産額438億円中
一次産業20億(5%)では
雇用の増加と所得向上は
見込めない。
一次産業の振興を公約に掲げる
ぼんくら屋久島町議員がいる。
農業は高齢化と後継者の問題で、
掲げても言葉だけでは振興しない。

屋久島の総社会保障関係費用を正確には
知らない、60億ぐらいではなかろうか。

団塊世代の屋久島移住促進と
社会保障関係産業が
町を活性化する。

団塊世代の屋久島移住促進と
社会保障関係産業が発展すると
若者が増加して子供も増える。

日本の歌
https://www.youtube.com/watch?v=qTqPy7kbVMA&index=2&list=PL8TBz8xSuCxJUaUW_IQp5E7F0hZ7h1pAx

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

団塊世代の屋久島移住促進 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる