屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 県道の歩道とベランダの排水

<<   作成日時 : 2018/02/22 21:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

県道の歩道とベランダの排水

07:30起床。
ラジオ体操第一を行い、25分で歩くルートを
車で距離を測る。
我が家の5号線の大変急な下り坂を県道まで450m、
県道から緩い登り坂で農免道まで850m、
農免道から急な登り坂を高平5号線まで900m、
5号線を我が家まで大変急な下り坂を下る300m、
合計2.5kmである。
歩き方はどちらから回っても同じ時間であるが、
5号線の急な登り方向750mを一気に
歩いた方が楽な感じである。

今日も11回目歩行訓練、25分で歩いた。
これまで歩行者を誰一人見なかった。
県道は側溝まで土砂が流れている。
画像

画像


側溝は土砂で隠れ、木々が覆いかぶさっている。
画像

。。。。。。。。。。。。
県の指針
県道の維持管理
http://www.pref.kagoshima.jp/ah06/infra/kotu/izikanri/bassai.html
道路に張り出した木や竹は,自動車や歩行者の通行に支障となります。
台風や大雨で木や竹が倒れて,道路が通行止めになることもありますので,木や竹の適切な管理をお願いします。また,緊急の場合は道路管理者が通行の支障となっている木や竹を了解なく伐採,撤去することがありますので,ご理解ください。なお,木や竹の倒木等により自動車や歩行者等に損害が発生した場合,被害者から,木や竹の所有者が管理責任を問われることがあります
。。。。。。。。。。。。。。。。。

専用歩道を作るには金も時間もかかるので、
この側道を廃土し、枝落としを
行えば広く歩道として利用できる。
県の道路整備課にこれを提案する。
私は県へ湯うだけである。
どうするかは屋久島町と同じように
県の権限である。
お役人様に逆らってはならない。
民主主義で住民が選んだお殿様が採用した
お役人様である。

我が家は築18年で、2階のベランダの
排水パイプが設けられているが、
まったく排水されていないことが
最近になって分かった。
画像

この排水パイプはどことも繋がっていない。
だから水が流れていない。
画像

ベランダの踏み台の上から穴を開ける。
画像

プレートはコの字になっているので、
ドリルを下まで突き通し、下を剥がす。
画像

ベランダに水が無いのに右のボルトから
水がしたたり落ちる。
この水がどこから流れてくるのか分からない。

産業界の朗報
「ホンダジェットは15年末に米連邦航空局(FAA)の認証を取得して事業化した。すでに100機以上の受注を抱えていたが、実質初年度となる16年は生産のノウハウが不足し、納入機数は23機にとどまった。17年はセスナのサイテーションM2の39機を上回り、機種別で初めて年間首位となった。」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

県道の歩道とベランダの排水 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる