平昌冬季五輪で日本女性が活躍

平昌冬季五輪で日本女性が活躍

平昌冬季五輪で日本のメダル獲得13個中、
女性が8個で男性5個であった。
小さな日本女性が大活躍である。
応援団の日の丸ハチマキはいただけない。

 2016年西ヨーロッパの旅から帰国して
成田空港に下りると、西ヨーロッパの人達と
比べて日本女性の小ささとスリムであることに気づいた。
更にこのような女性が経済大国を成し遂げた
子供たちを生み育てたことに感激したことを
思いだした。日本女性は忍耐強くてかしこい。
男性は山の神からの小言と愚痴は
少しは我慢しなければならない。
じっと我慢すれば平和で素晴らしい
日本が続くであろう。

 今後さらに女性の社会進出と育児環境を整えることが
望まれる。しかし女性は子供たちを生み育てることを
忘れてはならない。

問題もある。
ドメスティック・バイオレンスと痴漢防止のために
女子は子供のころから合気道か空手を必須科目と
するとよい。
。。。。。。。。。。
ウィキペディアのドメスティック・バイオレンスより抜粋
米国では15秒に1人、年間200万人以上の女性がDVの深刻な被害を受けておりDVにより亡くなる女性が1日に11人である[11]。 欧米ではこの30年、日本ではおおよそこの10年あまり、取り組みが積み重ねられ、その深刻な実態が明らかにされるようになった。
ヨーロッパのDVは深刻で16歳から44歳までのヨーロッパ人女性の身体障害や死亡の原因が病気や事故を抜いてトップである。
。。。。。。。。。。。
「科学の力」で痴漢をなくす、驚きの方法
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51903
痴漢はわが国特有の犯罪と言っても過言ではない。海外の論文では「日本にはchikanという犯罪があり、年間約5,000人が逮捕されている」という。
世界的に用いられている精神障害の診断基準である「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」には、窃触症という疾患がリストアップされており、それは「同意していない人に触ったり、身体をこすりつけたりすることから得られる反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる」障害であると記載されている
。。。。。。。。。。