久しぶりの恵みの雨である。6日

久しぶりの恵みの雨である。4月6日

09時ごろから恵みの雨が降り出した。
ふと、思いだした。
放送劇 鐘の鳴る丘主題歌「とんがり帽子」
https://www.youtube.com/watch?v=j6DczqtMTMw

1 緑の丘の赤い屋根
  とんがり帽子の時計台
  鐘が鳴ります キンコンカン
  メーメー小山羊(こやぎ)も
啼(な)いてます
  風がそよそよ丘の上
  黄色いお窓はおいらの家よ

2 緑の丘の麦畑
  おいらが一人でいる時に
  鐘が鳴ります キンコンカン
  鳴る鳴る鐘は父母(ちちはは)の
  元気でいろよという声よ
  口笛吹いておいらは元気

3 とんがり帽子の時計台
  夜になったら星が出る
  鐘が鳴ります キンコンカン
  おいらはかえる屋根の下
  父さん母さんいないけど
  丘のあの窓おいらの家よ

4 おやすみなさい 空の星
  おやすみなさい 仲間たち
  鐘が鳴ります キンコンカン
  昨日にまさる今日よりも
  あしたはもっとしあわせに
  みんな仲よくおやすみなさい

当時、ラジオを聞いて赤い屋根も、
時計台も見たこともない歌であった。
その当時は外国の歌と思っていた。
後で戦災浮浪児の歌だと分かった。
歌を聞くと今でも涙が出てくる。
https://www.youtube.com/watch?v=NyN1R4wSXbk
子供のころを思い出す歌である。
子供ころ聞いた歌は忘れない。

室内の鉢を外に出して、雨に打たせる。
5時間後、雨上がりのみずみずしい
庭の風景である。
画像

水力発電ダムにも水が溜まるであろう。
屋久島は雨の恩恵を受けている島である。
屋久島は林業が衰退した島である。
里の間伐材は放置して腐っている。
水力発電で満ち足りているのに木くず燃焼で
蒸気ボイラー発電を屋久島で計画する人がいる。
それも行政が計画するから始末が悪い。
再生エネルギーとはいっても炭酸ガスをだして、
燃焼効率が悪く、ランニングコストが
大きい発電方法である。
思い付きで木くず燃焼蒸気ボイラー発電
を計画しては困る。
議会に審議能力がないので、
住民が目を光らさなければならなくなる。
住民も目を光らすことに疲れる。

春集落の農業排水事業と同じで延々と
大きなランニングコストがかかる。
民間企業では損得勘定で木くず燃焼
蒸気ボイラー発電など行わない。
すべてが一時の補助金ほしさの計画が
見え見えである。
補助金もらってもランニングコストは
行政負担である。
屋久島の無尽蔵な水をどう利用するか
考えた方がよい。
毎日膨大な水が海へ流れだしている。

「気候. 亜熱帯に位置する屋久島は「月に35日は雨」表現されるほど雨が降る島です。年間平均降水量は平地部で約4,500ミリ、山間部は8,000~10,000ミリと日本の年間平均降水量の2倍をはるかに超えており、その半分近くが5~8月の夏季に集中しています。 年間平均気温は平地部では約20度と温暖ですが、山岳部では2,000m近い標高差により冬季に積雪もみられます。」

8時半から堆肥場でツワブキの芋根を
切り落とし、寄り分け5分の1程度で
バケツ一杯なったが雨で中止。
画像

ツワブキの根
画像


今度は室内作業に切り替えて、
PCからスチールMS180の取説を
開いてチェーンソーのアイドリング調整を
行った。微妙なところに穴がある。
突き通しのハンドの穴とアイドリング調整穴が
ずれているのでハンドの穴をドリルで
長穴にして調整。
画像


アイドリング時チェーンが少し動くように
調整したら、アイドリング時エンジン停止が
起こらなくなり、エンジンもかかりやすくなった。
画像


ADSLの通信速度
測定日時: 2018/04/06 10:26:10
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 996.37Kbps
2.NTTPC(WebARENA)2: 945.91Kbps
推定転送速度: 996.37Kbps  

故障した草刈り機のエンジン分解
修理できるかもと思って分解していく。
画像

ピストンシリンダーに傷、これアウト。
エンジン焼き付きを強引に外部から
動かしたことによる傷である。
画像


今日の料理
画像

画像

画像


犬笛を吹くと家に帰えってくる、
お座り と言うと座る猫。
まだお手と言っても出来ない猫。
画像