屋久島は大雨  26日

屋久島は大雨  26日

低気圧前線が屋久島の真上を移動している。
大雨である。
坂道は川のように綺麗な水が流れている。
窓ガラスと網戸をきれいに流してくれる。
雨が小雨になると道路の水は止まる。
横の小川から轟音が響く。
山の水は140本の川を流れる。
ダムの水も満杯であろう。
電気はすべて水力発電である。
人口が減るので追加の電力は要らないが、
配電設備が老朽化しているので
停電での冷蔵庫氷解が恐ろしい。
今日は労働出来ない。
昨日の21時ごろから沖縄から
長野、新潟と地震が多発。
南海トラフの地震の前兆か。
自然災害には逆らえず、覚悟して日本に住んでいる。
自然災害に誰にも苦情を言えないが
原発と核ミサイルだけは人災である。

米朝会談がもめている。
簡単には北朝鮮が核を手放さないで、
長引かせてその間に援助金を引き出そうと
している。前回騙されたパターンである。
左派はあれほど忖度関係を非難しているが、
北朝鮮の核には無関心である。

野党は自民党を非難、中傷するのが
党是のようである。
大事な問題を論議してほしい。
野党には経済をどのように復興させるのか、
周りの脅威に対しどのように対処するのか、
社会保障をどうするか、分からない。

立憲民主党基本政策
https://cdp-japan.jp/policy/01
野党でも議員立法を提出することが
出来る。
基本政策を忘れているのではなかろうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
http://blog.livedoor.jp/yakushima_post/archives/9426904.html
屋久島町
口永良部島・金岳小 新校舎 来年3月完成へ
町議会、工事請負契約案を可決
総事業費は約5億円 老朽化で建て替え
木造2階建て 中学生も共同利用

児童生徒数は、小学校が6人、中学校が7人の
計13人で、そのうち、島外からの「留学生」が
半数以上の7人を占める。島内在住者では、
来春に1人が小学校に入学する見込みだが、
その後の予定は、現段階ではないという。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
住民小中生徒6人のために
5億円の校舎を建てるとは
どんな頭で計画し審議して可決したのだろうか。
摩訶不思議、町長と議員の顔が浮かぶ。
しかし議会制民主主義で可決だから
致し方ない。