内出血原因―鹿児島医療センター へ28日、29日

内出血原因―鹿児島医療センター へ28日、29日

血液凝固第Xa因子を阻害するイグザレルト剤を
飲んでいるが内出血は止まらない。
更に便が真っ黒になるので消化器系内で
内出血していることがわかる。
5月19日からイグザレルト剤をやめると、
1日で便が黄色くなる。
イグザレルト剤で血をサラサラにしたいが
イグザレルト剤を飲むと内出血する。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
心臓弁膜症、不整脈のため血栓ができないように
イグザレルトを飲んでいた。

不整脈
https://medley.life/diseases/54cfc31f6ef458a0020bd3e2/
心臓弁膜症
https://medley.life/diseases/54f55c156ef4589d3785cde7/

血液凝固第Xa因子を阻害するイグザレルト剤
この薬の作用と効果について
血液凝固第Xa因子を阻害することで、血液が固まる働きを抑えます。心房で血液が固まりやすくなっている状態を改善することで、血栓が血管に詰まって生じる疾患(血栓塞栓症)が起こるのを防ぎます。
通常、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制に用いられます
警告
[全効能共通]
本剤の投与により出血が発現し,重篤な出血の場合には,死亡に至るおそれがある.本剤の使用にあたっては,出血の危険性を考慮し,本剤投与の適否を慎重に判断すること.本剤による出血リスクを正確に評価できる指標は確立されておらず,本剤の抗凝固作用を中和する薬剤はないため,本剤投与中は,血液凝固に関する検査値のみならず,出血や貧血等の徴候を十分に観察すること.これらの徴候が認められた場合には,直ちに適切な処置を行うこと.[「禁忌」,「用法・用量に関連する。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それで血液に関係なく、
血管がなぜ破れるのかの診察に、
28日に鹿児島医療センターの血液内科に行った。
人間ドックを町と徳洲会病院に対して
事前にキャンセルした。

鹿児島医療センターの血液内科
診断結果
28日 血液検査は異常なし。
    血小板数は8.1でこれくらいは問題ない。

市内で一泊

29日 内臓のCTと胃カメラ検査でも異常なしであった。

体重が1年半で10㎏減少、
内出血する原因は分からなかった。
しかし、加齢で血管がもろくなり、
破れるのであろう。
国会議員も加齢で内出血の加齢斑点の
シミが出ている。

この結果に基づき,対策を尾の間クリニックに
お伺いを立てなければならない。
今年の東欧旅行は延期する。