NHKの刷り込み   6月2日

NHKの刷り込み   6月2日

私は鹿児島県に住んでいるが、
鹿児島生まれではない。
司馬遼太郎の小説「飛ぶがごとく」「坂の上の雲」は
物語として面白かった。

今、大河ドラマ「西郷どん」が
NHKテレビで放映されている。
これはあくまでも物語であって歴史ではない。
空言(小説)である。
しかし、観る人にとってあたかも歴史的人物として
頭に刷り込まれてしまう。
西郷隆盛は歴史の中に登場した革命家であって
明治と文明開花を指導した人ではない。
反対に大久保利通は日本を
実務者として改革開放に指導した人である。
幕府から薩長土肥に政権が移行した過渡期に
出てきたのが西郷隆盛である。
薩長土肥は尊王攘夷で幕府は尊王開国である。
いつの間にか薩長土肥は攘夷を捨ててしまって
単なる倒幕を起こした。
明治以前に活躍した人たちは殺害された。

その後どうなったか、倒幕に加担した武士は、
幹部だけが要職に、兵隊は失業である。
薩長土肥の栄達できなかった武士が反乱を起こした。
特に薩摩は武士という階級と藩という地域性から
抜け出せなかった。
1874年に江藤の佐賀の乱、1876年には熊本県で
神風連の乱、福岡県で秋月藩士宮崎車之助の
秋月の乱、10月には山口県で前原一誠の萩の乱
など反乱が続き、
それぞれ鎮圧された。
その最たるものが西南の役である。
ところが長土肥の反乱は乱と言い、
薩摩の乱は役と言う。
西南の役は西南の乱と言うべきであろう。

1877年に西南の乱を鹿児島士族が起した,
西郷隆盛を首領とする大規模な反乱に対して
政府の戦費は前年の7割にも達した。
これからの日本の振興に対して西郷隆盛は
足止めをした。
其れにもかかわらずNHKが大河ドラマに
西郷隆盛を取り上げた主旨は何であろうか。
NHKは刷り込みをしてはならない。
更に鹿児島では観光目当てに西郷どんと言って
お祭り騒ぎである。
NHKの歴史の歪曲である。
嫌なおまつりである。

忍者の服装も刷り込みである。
あの衣装では忍者であることがすぐに
分かってしまう。
情報採集者であるから普通の人と同じ
服装である。
隠者は普通の社会に溶け込んでいるから
映画の忍者の服装はありえない。
これも映画と漫画の刷り込みである。

アメリカインデアンのイメージもアメリカ映画の
刷り込みである。アメリカインデアンは
農耕採取文化を持っていた。
気候変動があり文化も変わる。
メサベルデ国立公園
https://www.youtube.com/watch?v=CuClYAN7TvQ
モニメントバレーも同じでナバホ族の自治区である。
https://www.youtube.com/watch?v=GydqOFVCThg
映画ではここで幌馬車が通る。この一帯は農耕地で
ないので白人が居住するわけがない。
今、インデアンは荒れ地の自治区に
押し込められている。
この地域から北東に行くと緑の光景が現れ
白人の世界である。
勝者の力を見ることができる。

だから映画とTVの画像を
そのまま信用してはならない。

刷り込みは恐ろしい。