ベランダの梁の小口完成  25日

ベランダの梁の小口完成  25日

ベランダの補修をして2か月になるが、
その間3回バランスを崩してこけることがあった。
こけると打ち身のところが内出血する。
ちょっとバランスを崩しても態勢を回復するのに
遅れることを体験した。
高いところでは命綱を結んだ方がよい。
バランスに対応できないのであれば、すぐに
しゃがむことを覚えた。
そうすると態勢が崩れることがない。
老化である。

補修中の西のベランダ。
横の梁がないので下からジョッキアップ
している。横揺れしないように
40*140の板で仮止めしている。
画像


7か所の梁の小口加工完成。
画像
 

塗装を行う。
画像

画像


小口に入れる梁も完成。
だが老人の悲しさボケているので、
寸法があっているかどうか不安である。
小口加工に使用した道具。
画像


このベランダの設計に疑問があるので
MBC開発の我が家の担当者に電話したが
出張中である。
19年前35歳ぐらいの好感を持てる
営業主任であったが今は気持ちよく老け
好い男になって部長になっていた。
良い人に出会ったと思っている。
問題点
1 下から組上げているので、途中からの
解体と修理が難しい。
2 床板の端末になぜ化粧板を張っているか。
  これがあるため床の端末が腐る。