屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 地政学を学ぶ

<<   作成日時 : 2019/05/16 12:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地政学を学ぶ

「地政学入門」曾村保信著を読んでいる。
なるほどとうなずくこと多々あり。
民族と言語、文化習慣の塊は国家という障壁を作る。
1 どの国も他民族を侵略しているので、他の国を
批判できない。
2 欧州の4〜5カ国でアフリカ、南米の植民地支配地域を
  分割植民地政策を決めていた。
3 欧米とシナが一番戦争している。
4 軍部が台頭して軍事政権になると戦争が多い。
5 第2次世界戦争まで欧米が勝手に
  勢力範囲を机上決定していた。
6 ヤルタ会談が典型的支配地域の談合である。
7 民族自決を国連で決定しながら、全く守られていない。
8 現在の紛争は民族と言語、文化習慣の塊を
無視した欧米の国の線引きで起こっている。
9 民族の移動(難民と移住からの圧迫)は民族闘争を生む。

世界の戦争1000年の歴史(西洋から見た)
(シナ大陸の戦争は把握されていない。)
https://www.youtube.com/watch?v=bYy2W_5F27M
現在からみて、過去の歴史経過での戦争の良し悪しを判断できない。

東アジアの戦争回避の夢物語
日本はシナとロシア、朝鮮の4国不可侵条約と
平和条約、内政不可侵条約、相互国民移動禁止条約、
サイバー攻撃禁止条約を結べば諍いは無くなる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

地政学を学ぶ 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる