身体と家電製品の高齢化に伴い治療と買い替え  4日

身体と家電製品の高齢化に伴い治療と買い替え  4日

屋久島に来て庭の手入れ、陶芸、大工仕事などで
手を酷使した。作業中に手と手首が攣ることを
繰り返して、手が開かないこともあった。

左手の中指の筋が出て、何かを持ったり、
絞ると大変痛い。
医者はデュピュイトラン拘縮であるという。
画像


右手の中と薬指の筋が膨らんでいたい。
画像


右手の中と薬指の2関節が曲がらない。
これは腱鞘炎のようである。
画像

3日に徳洲会形成外科に行って右手だけは
いつものステロイド注射を打ったが
やはり痛くて曲がらない。
医者は抗凝固剤を飲んでいる私の
手術を渋っている。
抗凝固剤を飲んでいるが、2~3日やめて、
これまで4回も手術を受けているので
問題ないのではないかと私は言う。
医者は家内のばね指が治ってから、
どうするか処置したいという。
ボス(家内)にはたまたま手術に
問題なかっただけだと言う。
デュピュイトラン拘縮対策

デュピュイトラン拘縮の治療中
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/dupuytrens_contracture.html
画像

「原因と病態
詳しい原因は不明です。高齢男性、糖尿病患者に多く見られます。一説には手掌腱膜への小外傷の繰り返しで生じるのではないかと考えられています。手掌腱膜と皮膚の異常です。指を曲げる腱が浮き上がっているように触れるかもしれませんが、それは手掌腱膜が肥厚し退縮したものです。指を曲げる屈筋腱は正常で、異常はありません。」

指伸ばしにくくなる「デュピュイトラン拘縮」
https://www.sankei.com/life/news/180223/lif1802230015-n2.html
デュピュイトラン拘縮とは、手のひらから指にかけて皮膚のすぐ下にある「手掌腱膜(しゅしょうけんまく)」と呼ばれる薄い線維状の膜組織に、体内で産生されたコラーゲンが異常に沈着して硬く縮み、太いひも状のしこり「拘縮索」ができる。硬くなったコラーゲン繊維を効率的に溶かす治療薬「ザイヤフレックス注射用」(旭化成ファーマ、一般名コラゲナーゼ〈クロストリジウム ヒストリチクム〉)が登場。拘縮索に注射し、必要に応じて指の曲げ伸ばしの処置をするだけで効果が出るようになった。公的医療保険の適用対象だ。

https://www.youtube.com/watch?v=oOpZVDifSEE
注射によりcordのタンパク質を融解する酵素(商品名:ザイヤフレックス)が使用可能となりました。

4日 ファミリードクターの
尾之間クリニックに行って、
これまでの身体報告をして、心臓関係の薬を
必要1か月分を表にして、いただいた。
員数が合わないと気にかかる。
抗凝固剤のエリキュース錠1日5mg*2の
薬価が514円*30日*2割負担=
3084円と高い。
今回はエリキュース錠60日在庫があるので、
もらわずに他の薬はまとめて800円であった。
画像


私は薬だけで、国民健康保険に年間24万円の
負担をかけている。過去19年間で200万の
負担をかけていると計算した。
私は65歳を過ぎると色々な病気をするので
国民健康保険に多大な負担をかけている。
高齢者はそんなに欲しいものがなく、
身体と家電製品の高齢化に伴い治療と買い替えが
多くなるぐらいである。
14年経過した軽トラと冷蔵庫を
変え替えろと親分(家内)が言う。
決断を親分に任せると決断が鈍って回答がない。
高齢者のお金を社会に還元するには相続税を
上げることである。
遺産を残さず、今使おうと思わせて、お金を
消費させることである。
いいちこ スペシャル 30度 720ml瓶
 1ケース(6本) 麦焼酎 「三和酒類」
10,890円×1=10,890円を
購入手配した。
この酒は高級テキーラに似ている。

高齢者・若者世代の貯蓄高(2018年8月)
画像


梔子の切り花は3日で黄色く枯れるので、
庭から膨らんだ花のつぼみを家中に
活けて、香りが漂う。
花は咲くことが出来るつぼみがよい。
見ごろ過ぎは枯れるのみである。
画像

8時間後の花の勢い。少し黄色みをおびる。
画像


19時新しい花を活ける。
画像


4㎏黒ニンニクが完成したので、冷蔵で保管して、
明日北九州に発送する。
再度4㎏黒ニンニクを製作始めた。