Mail発信ができないことが3か月続いた。

Mail発信ができないことが3か月続いた。
2台のPCと3例のMailソフトでも発信を試みたがエラーがでる。1月11日OCNにTELしたところ以前わたしのMailからウイルスが発信されたので、発信を遮断したとの診断であった。身元確認をして新規パスワードを登録し、OCNからパスワード変更郵便が送られてくることになった。なおウイルス除去を確実に行ってくださいと言われ、何度も起こるようであれば永久停止となる恐れがあるとも言われた。2個のウイルス防止ソフトを入れて何度もチェックをかけているが、ウイルス侵入を阻止できないようである。OCNがウイルスをチェックできるのであればOCNのMailウイルスチェック(400円)に加入していることとつじつまが合わない。Mail発信は12日から可能である。原因が分かったのでほっとした。
12日00:30 Mail発信が可能となった。

屋久島は社会道徳と契約社会の破壊ウイルスが蔓延してこれが文化となりつつある。町長のシルバー割り引きの差額隠匿問題に対し議会で町長の不信任決議案が否決された。民主主義の名のもとに町長と翼賛会議員は逃げ切ろうとしている。この問題は小学生以上の子供達も知っているので、町民が議員全員リコールをしなければ子供達に示しが付かない。今度は町民が問われる番である。