100g単位の価格比較

私は食料品をすべて100g単に直して価格を記憶する。野菜類は100g30円前後、ネギとニラは150円、リンゴ80円、鶏肉平均120円、豚肉平均180円、牛肉平均500円などと覚えている。乾燥スパゲティ100g35円、乾燥揖保乃糸そうめん100~180円、乾燥島原そうめん70~100円、茹でうどん200g40円、麺類には大きな開きがあり、うどんが安い。乾燥めんは80g、茹うどんは180gか200gが一人前であろう。100gに換算して覚えておくと比較することが出来る。
ただ粉チーズととろけるチーズは繊維質添加物の加減で価格が変わるので、gと価格では判断が難しい。添加物なしで100g500~700円、日本が輸入して添加物を入れると100g200~300円になる。記載がないが50%もの繊維質添加物を混ぜてしまう。欧米の乳製品を日本はまがい物にしてしまう。それでいてコロナウイルスで牛乳が余るので廃棄すると言う。チーズかバターを作ればよいが、製造販売許可制の問題が起こり今直ぐに対応できない。一般市場900cc200円で牛乳価格は下がらない。家内はどうしてもグリーンコプの牛乳に固守して300円で月12本買う。牛乳とは無調整で水一滴でも入れてはならない。