癌PET検査  28日

25日から癌PET検査のため屋久島から鹿児島市内へ高速船で行く2時間半。乗船率30%ぐらいであろうか。今給黎病院で造影ct検査をおこない、翌26日南風病院でPET検査を行う。PET検査については癌早期発見と癌転移検査である。
https://www.pet-net.jp/pet_html/treat/pet.html
南風病院の航空ラウンジの様なところに入り、お茶のペットボトル飲料をいただき高級接待受けるような感じであった。何せ検査医療費10万円である。
昨年10月に町の肺癌検査(レントゲンと痰検査)を受診したが問題なかったが、たまたま徳洲会病院で胃と喉の診察に対し異論を言ったので、別の検診の造影剤CTを受けて1㎜の肺腫瘍が見つかった。運が良かった。7月3日に癌PET検査の診断結果が出る。
27日鹿児島市内から07:30の高速船で帰島した。ほとんど種子島で下船するので屋久島には20%以下の乗船率である。まだまだ屋久島観光産業には痛手が続く。軽トラに乗り帰宅しようとすると前の車が40kmで走行している。屋久島には追い越し車線が少ないので、だらだらと大名行列が続く。屋久島は高齢化が進んで低速走行が流行である。私もその一人であるから流行に後れないよう黄色中央線では低速運転を、追い越し白線では70km高速走行で追い抜いていく。

コロナ対策でテレワークなど仕事、社会改革などが叫ばれているが、TV、報道を観ると25年前のアメリカ社会と同じことに追従している。新しい社会改革ではない。要は効率化である。ただ日本社会は非効率で富の分配を行っていることを忘れてはならない。非効率、終身雇用、社会保障など欧米から見ればおかしな社会でも、よいではないか。そこで日本の頭脳と勤勉と安全社会で発展することができることを生みだしていくことも考えた方がよい。それこそ日本官僚組織そのものであるから、頭脳明晰な官僚が考えればよいことである。だが10年の長期計画も引き出しの中で忘れ去られる町もある。

今回UBSメモリー64Gb(台湾製)を1600円で購入した。5年前だと考えられない値段で、HDDからフラッシュメモリー(東芝が開発)に移行した結果であるが国民がバカな左派政党を政権に選んだ結果、技術をないがしろにした。不具合PCから14Gbのピクチャー(2005年から2020年の写真)を新規PCに移管した。これで新規PCは正常な状態である。

28日
洗濯機の排水が悪いというので、下水入口まで分解すると色々なものが詰まっていた。20年のゴミの結果である。では各U字溝も同じであると思う。2時間かけてヒメシャラの剪定をおこなう。まだ2本残っている。その間2回休憩をして重労働にたえる。ビールが美味しい。