モロヘイヤを麦生の無人市で購入 29日

29日図書館からの帰りに、麦生の無人市によると、ゴーヤ、モロヘイヤが売っていた。ゴーヤ、モロヘイヤは肺癌抑制野菜食材として大変良い野菜なので購入した。
だがモロヘイヤをジュサーにかけてもドロドロになりジュース穴から出て来なかった。ドロドロの塊をタッパーに入れて翌日30日昼、お好み焼きにして食す。癖がない野菜である。モロヘイヤはさっと茹でるか炒めて何かとあえて食べるのがよい。
人参主体の野菜ジュースを毎日1200ccぐらい飲んでいると、野菜ジュースだけで腹いっぱいになる。この上、でんぷん食とたんぱく食を食べると胃もたれする。この辺のバランスよく食事をすることが難しい。

アンチエイジングに!
モロヘイヤには、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれています。高抗酸化ビタミンの代表であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがすべて揃っており、その含有量は野菜の中でトップクラス。

https://mogwell.karadashift.jp/80082
[モロヘイヤは古代から栽培されてきた歴史のある野菜です。「奇跡の野菜」と呼ばれるほど栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。野菜でありながらカルシウムも多く含み、ネバネバ成分がコレステロールの吸収を抑制するほか、胃壁や粘膜を保護する働きがあると言われています。葉が柔らかく新鮮なものを選び、ビタミンの吸収率が上がる天ぷらや炒めものでモロヘイヤの風味を楽しんでみてください.]


食事の味付け  27日

やっと雨が降りました、大地を潤すような雨が降りました。
食事がおいしくない。
食事のうまい味付けは塩味と出汁(旨味)であろう。現在癌の食事療法を参考にしているが、野菜ジュースは理解できるが、食事としての記述がない。塩分なし、動物性タンパクなしと述べている。これを実践すると野菜ジュースで腹いっぱいになり、さらにうまいとは思わない食事に全く興味がわかない。料理法を改善しなければならない。体重が63㎏から60㎏になった。




にわかベジタリアン  26日

屋久島に午前中お湿り程度の雨が降った。涼しくなり庭の緑が濃くなる。夕方大雨になった。めでたしめでたし。
ベジタリアンを目指すが主食のことに本に言及がない。主食レシピーを調べるといかにもおいしくなさそうである。今思い出すと今給黎病院の食事は自然食と減塩のうまい料理であった。
昨日夜に人参、水前寺菜、チンゲン菜のジュースで蕁麻疹が出た。それで今日は人参だけのジュースにしても蕁麻疹が出た。かゆくはないが斑点がでている。急に食事を変えたからであろう。

ベジタリアンの『メリットvsデメリット』
https://www.jams.tv/beauty/114172

「ベジタリアンは非菜食主義者に比べて、病気にかかりにくいと言われています。菜食中心の食事では飽和脂肪酸やコレステロールの摂取が少なく、ベジタリアンの食生活の方が多くの食物繊維、ミネラル、マグネシウム、カリウム、ビタミンなどを摂取できると考えられています。

タンパク質は、炭水化物・脂質と合わせて人間の体に必要な三大栄養素と呼ばれ、筋肉や臓器など体内を調節するためのホルモンの材料、エネルギー源に必要な栄養素です。
動物性食品の場合、牛肉の赤身肉100gあたりに約25gの動物性タンパク質が含まれています。鳥のささみ肉だと100gあたりに約30g以上、サーモンだと100gあたりに約22g。
植物性食品の場合、大豆100gあたりに約35g、アーモンド100gあたりに約21gの植物性タンパク質が含まれています。
• タンパク質を多く含む食品:大豆(黄な粉、豆乳、納豆、豆腐など)、ゴマ、のり、カシューナッツ、アーモンドなどのナッツ類
• リジンを多く含む食品:鰹節、イワシ、タラなどの魚介類、卵白、大豆、黒豆、チーズ、湯葉、油揚げなど

必須アミノ酸が減少すると、筋肉量の低下、熱量の低下、肌や髪の毛のトラブル、集中力・思考力の低下が考えられます。ですので、ベジタリアン生活を送る場合には、かならず必要なタンパク質とリジンを一緒に摂取するように注意が必要です。
• タンパク質を多く含む食品:大豆(黄な粉、豆乳、納豆、豆腐など)、ゴマ、のり、カシューナッツ、アーモンドなどのナッツ類
• リジンを多く含む食品:鰹節、イワシ、タラなどの魚介類、卵白、大豆、黒豆、チーズ、湯葉、油揚げなど

亜鉛を多く含む植物性食品:ヒマワリの種やア―モンドなど

ベジタリアン生活ではカルシウムも少なくなりがちですが、こちらは海藻類を食べることで、1日の必要量を摂取できると考えられています。
• カルシウムを多く含む食品:ブロッコリー、白菜、穀物、チアシードなど
• ビタミンDを多く含む食品:しいたけ、しめじなどのキノコ類
ビタミンB12を多く含む食品:海苔などの海草類        」



台風期待外れ  25日

今か今かと雨を待つが一向に降らない。10時頃パラりパラりと雨が、だがすぐ止んでしまって雨とはいいがたい。天気予報を調べると台風は久米島付近から北へ舵を切った。台風は鹿児島からも雨からも遠のいていく。期待外れ!!!そろそろ畑の草取りをして、養生しなければならない。10月初めに種をまく予定。早すぎると芽が虫に食べられて育たない。今、菜食しているが、葉ものに栄養があることが分かったので、今回大根葉、水前寺菜、にんじん葉を育てることにした。これらの野菜はβカロチンとカリュウムを多く含む。野菜ジュースを500cc飲むと腹いっぱいになる。塩分と四つ足肉は食べないことにした。ご飯のおかずは納豆と豆腐である。

にんじん圧縮ジュース1回500cc
P1040467.JPG
にんじん500g使用
P1040463.JPG
レモン
P1040466.JPG

水前寺菜
P1040464.JPG

チンゲン菜か小松菜
P1040465.JPG

この作業を3回して1日1500ccを飲む。





肺癌手術後の状態。 8月24日


土日の雨を期待したが、台風が来るまでの御預け(おあずけ)である。水道で散水しても表面5mmが湿っているだけである。雨の力は大きい。タンカンの実が異常に多いので摘果すため、薄曇りなので夕方完全武装で1時間作業した。
P1040462.JPG
7月9日肺癌部分切除して19日退院して1か月が経過した。肺癌は非小線癌の1レベルでしたが、左肺2個のうち半分を取ればよいのですが、心臓が耐えられないということで、癌の周りを部分切除した。他に転移していないというが、見つけることができなかっただけのようである。癌細胞は血液とリンパ液で体中を回る。転移は避けられない。私は後期高齢期に入っているので心臓疾患による心不全(三尖弁閉鎖不全症による心臓肥大通常の2倍)による死亡と肺癌転移による死亡、寿命の追いかけ子です。

免疫細胞治療、化学療法、放射線療法の内、残るのは転移阻止のため放射線療法のみしかありません。心臓疾患の手術は心臓が持たないのでこれはやめる。肺癌転移による死亡は癌抑制剤を心臓疾患のため使用できないので、免疫力(免疫力の測定方法がない)を上げて転移しないようにまた成長を遅らせるしかありません。民間非データーの食事療法にかけてみます。

不確実な免疫力を上げるため(上げたデーターがない、免疫力の測定方法がない)民間療法である、さらなる減塩と四つ足動物の肉の禁止、海藻(根昆布、モズク)と大豆製品(納豆、豆腐、豆乳)、1日当たり黒ニンニク(6かけら)、にんじんジュース(500g*3)、春ウコン1g*3回を常食している。効かなくても悪いこともない。要は菜食である。思い悩んでも死ぬことは間違いないから、日々楽しく生きていくことが肝要である。ジュースのカスを煮込んで裏ごししてカレーを作ろうとしたがカレーのルーがないので、シチューのルーとカレー粉を入れてラレーにした。
無農薬にんじんは10㎏あたりで購入すると4000円、黒ニンニク1㎏1500円。春ウコン100g800円と安く手に入る。1月当たりの食事療法は(600円+50円+25円)*30=20,250円かかる。




我が家の周りで草刈り機の音   15日


ボケて誤字脱字が多いとおもわれる。
朝8時ごろ我が家の周りで草刈り機の音が響く。田舎の音である。たまには藁の燃やす臭いも嗅ぎたいがここでは稲を作っていないので田舎の匂いはない。屋外の日陰で31度、室内は33度まであがる。終日エヤコン5台中3台を28度に設定して動かしている。電気代が冬8000円で今13000円にあがっている。インドで43度を経験したが日陰は涼しく、日向に出ると皮膚がピリピリと痛い。これは湿度が関係している。日本の気候は汗が出てくるので湿度が高いことが分かる。天気予報では湿度の情報がない。屋久島での気温は鹿児島の気温より夏は3~4度低く、海風があるので涼しく感じるが、気温31℃湿度が85%にもなると蒸し暑く肌がべたべたするが湿度60%では暑く感じない。

今日は敗戦記念日である。現在の仮想敵国、信用できない国、民主主義でない国としてシナ、朝鮮、ロシアが日本に攻め込んでこないよう手だてを講じることが肝要である。歴史上いつも破られる平和条約とか不戦協定とかは信用ならない。核兵器と通常兵器は報復されるので戦力としては被害が多い。どこの国かわからない潜水艦によるサイバー防衛と攻撃がよい。空母建設はやめた方がよい。

15日は終戦(敗戦)記念日で命の尊と戦争してはいけないとの無責任な報道で満ち溢れる。すべてが抽象的感情的な報道で満ち溢れる。戦争とは必ず相手国がある。日本が戦争をしなくても相手が戦争を仕掛けてきたらどうするかの覚悟が日本国民にない。東アジアのシナ、朝鮮、ロシアが日本に脅威を与えないことを私は願っている。報道機関も国民も平和ボケしている。いまだ国権と防衛の論議が起こっていない。国とは地球上で民族と言語、文化、宗教の最低区分である。それを維持するのが国権であると思う。これが欧米シナの3000年にわたって起こった戦争である。
太平洋戦争はなぜ起こったかの歴史説明がなしで反戦を言う。外国が攻めてきたら不戦で万歳と手を挙げて降伏するのか。そもそも日本の国民に問題意識がなく、国への尊敬の気持ちがない。オリンピックだけ日の丸を振る国民である。

海外に行くと持ち物は自分で防御していないと窃盗に合う。街中を日本感覚で歩いていると強盗に合う。偽警官が尋問して財布から金を抜く。メキシコでは人さらいに合って身代金を要求される。アジアより欧米の方が治安が悪い。理由は分かっている。貧困と移民政策、不法移民である。文化的に欧米シナ(狩猟、牧畜、麦文化)は日本とかけ離れ国権と国益を最優先に考える。
海外は日本と違う文化の社会である。






OCNモバイバル通信機が届いた。11日

OCNモバイバル通信機が届いた。11日

高砂百合が庭のいたるところに咲いている。樹の影から生えてきたものは日光に向かって曲がっていくか、そのまま上に出てくるかである。山茶花の影から2.5mぐらいに真っすぐ伸びて花を咲かせている。
P1040450.JPG

西のベランダに日よけを設置した。
この作業中蚊から3か所刺された。
P1040453.JPG
縦に強刺繍が編み込んであるので強い。
P1040454.JPG

やっと図書館が開いたので本の貸借を行う。だんだん読む本が無くなってきた。

忘れたころにOCNモバイバル通信機が届いた。箱を開けたところで手が止まった。
P1040451.JPG
ただ何となく型が大きいようで重たい(160*65)、選定を間違えたかもしれない。私はこの機器についてどうしていいのかわからない。まずはPCのネットでモバイバル通信とは何か、この通信をOFFしておかないと料金がドンドン上がっていくか、制限がかかって使えなくなることが分かった。家のWi-Fiでネットつながることも分かった。であればモバイバル通信をOFFにした方が無難である。まだ何もセットアップしてはいない。これ以上の知識はまだない。私が使える知識がないと家内に使え!と渡せない。
家内のPCも放置されている。



荒れた天気  10日

荒れた天気  10日
昨夜は台風5号がかすめ、9,10日と天気が荒れた。西の日よけの糸がほどけて、日よけが倒れた。布が破れてはいないので15mmの棒が入るように寸法を測り家内が縫い直した。
P1040449.JPG
元々の布は破れたので、日よけ用の布地を3m買って半分取り付け直したものである。まだ半分の布地が残っている。

9日に有機肥料をまいていたので、台風のおかげで庭に無料の水撒きをして頂いた。10日は肋間神経痛改善のためカイロを左肋骨の上に乗せて、朝からAmazonプライムビデオの映画をみている。



2020年8月7日夫婦で今給黎の術後方針を聞きく。


2020年8月7日夫婦で今給黎の術後方針を聞きに鹿児島市内まで行き、
11時から今給黎病院の今給黎先生の癌手術後の話があった。
1 心臓の関係で肺癌の完治手術はできなかった。
2 それで完治手術であれば5年生存率は70%であるが、
  今回肺癌部分摘出だけしかできなかったので
  50%まで下がるであろう。癌転移率は大変高い。
3 転移の初めは頭にきて放射線治療となる。
4 転移すかどうかは神のみぞ知る。
5 心臓が弱いので抗がん剤は使用できない。
  転移を追いかけて放射線で阻止するしかない。
結果は万事休すである。屋久島徳洲会で転移のテストはできるので、
屋久島徳洲会での1ヶ月ごとに転移検出法は、
マーカ(現在6.2)と2㎜間隔スキャンCTで転移を調べることになった。
肺癌の方が頻拍してきたので三振弁手術は出来ないと私はおもった。

「左肋骨の痛みは肺手術でよく起こる肋間神経痛ですから痛み止めは効きません、痛み止め薬はやめてください」と医者から言われた。もう二度とこの宇宙世界に戻れない生命、4~5年の人生対処法は重要である。生の確率はまだ50%残っているので、医者が試みない、免疫力をアップして癌を駆逐しようと思う。妻の勧めでマキシモル(薬草発酵飲み物代)、春ウコン小さじ3杯。黒にんにく、黒酢を飲んでいる。さらに低速圧縮ジューサーを購入して野菜ジュースを飲ませる計画をしている。妻の癌回復情報は試作の噂の類を出ないが、妻の信じる者は救われる。

5000年後の地球を私は観てみたい。
私が満足して死ぬことが肝要である。

世の中には「コロナの死者70万人」といたるところで安易に使い、統計学の数の様につかわれている。

7日夜は強く短時間雨が降り、土が潤んだ。ありがたい。

紅一点の百日紅が満開


百日紅4本中2本が満開である。
白の百日紅は昨年深く剪定したので、今年は花をつけない。
P1040443.JPG

香りのない高砂百合が雑草のように所構わず咲いている。
左肋骨の上の痛みは直らない。痛み止めのリリカ75㎎を朝夕2錠飲んでいる。
原因が分からないので痛み止めである。

今日は08:30から庭全体のワイヤで草刈りを行った。3時間かかり途中2回30分の休憩を取ったが、息切れ疲労はなかったが、ただ指が引きつり,これを直すのに1時間かかった。さらに15時から1時間芝刈り機をかけて排出袋1.5袋になった。これも息切れなし。2回シャワーを浴びた。
350㏄のビールが美味しかった。動いて汗をかくとその日何かやったと充実感を覚える。

7日1回目の検診と今後の方針の説明が今給黎病院であるので、07:00の高速船で妻と行く。



左下部肋骨の上が腫れて痛い 8月2日

左下部肋骨の上が腫れて痛い 8月2日
退院19日、7月24日ぐらいから左下部肋骨の上が腫れてピリピリ痛い、28日徳洲会病院外科で神経線の痛みであろうということでリリカカプセル75mmgをいただいた。でも痛みは直らないので31日尾之間クリニックで診断してもらった。血液検査で炎症なしと白血球異状なし。肺癌手術後の化膿ではないと言われた。傷口の消毒とゲンタシン軟膏を塗ってガーゼを当てていただく。痛いので鎮痛剤ロキソプロフェン一週間分をもらう。6回痛み止めを飲むが痛みが止まらない。
尾之間の先生から一日20時頃わざわざ電話があり。帯状疱疹の疑いがあると親切にも電話があった。月曜日徳洲会で肺癌発見のお礼とCTを取ってもらうことを告げた。帯状疱疹とは思いもよらなかったので、じっくり考えてみた。数か月前から両腕に湿疹ができて治らずに痒い思いをした。わき腹の痛みは帯状疱疹の痛みに似ている。月曜日に尾之間クリニックに行くことにした。
紅一点の百日紅
P1040439.JPG

左橋の白い花が百日紅の花
P1040440.JPG