肺癌手術後の状態。 8月24日


土日の雨を期待したが、台風が来るまでの御預け(おあずけ)である。水道で散水しても表面5mmが湿っているだけである。雨の力は大きい。タンカンの実が異常に多いので摘果すため、薄曇りなので夕方完全武装で1時間作業した。
P1040462.JPG
7月9日肺癌部分切除して19日退院して1か月が経過した。肺癌は非小線癌の1レベルでしたが、左肺2個のうち半分を取ればよいのですが、心臓が耐えられないということで、癌の周りを部分切除した。他に転移していないというが、見つけることができなかっただけのようである。癌細胞は血液とリンパ液で体中を回る。転移は避けられない。私は後期高齢期に入っているので心臓疾患による心不全(三尖弁閉鎖不全症による心臓肥大通常の2倍)による死亡と肺癌転移による死亡、寿命の追いかけ子です。

免疫細胞治療、化学療法、放射線療法の内、残るのは転移阻止のため放射線療法のみしかありません。心臓疾患の手術は心臓が持たないのでこれはやめる。肺癌転移による死亡は癌抑制剤を心臓疾患のため使用できないので、免疫力(免疫力の測定方法がない)を上げて転移しないようにまた成長を遅らせるしかありません。民間非データーの食事療法にかけてみます。

不確実な免疫力を上げるため(上げたデーターがない、免疫力の測定方法がない)民間療法である、さらなる減塩と四つ足動物の肉の禁止、海藻(根昆布、モズク)と大豆製品(納豆、豆腐、豆乳)、1日当たり黒ニンニク(6かけら)、にんじんジュース(500g*3)、春ウコン1g*3回を常食している。効かなくても悪いこともない。要は菜食である。思い悩んでも死ぬことは間違いないから、日々楽しく生きていくことが肝要である。ジュースのカスを煮込んで裏ごししてカレーを作ろうとしたがカレーのルーがないので、シチューのルーとカレー粉を入れてラレーにした。
無農薬にんじんは10㎏あたりで購入すると4000円、黒ニンニク1㎏1500円。春ウコン100g800円と安く手に入る。1月当たりの食事療法は(600円+50円+25円)*30=20,250円かかる。